かつて白人達に土地を追われ、闘いに疲れ切ったインディアンのシアトル酋長が、ついにアメリカ政府に土地を売却する際、ときのアメリカ大統領フランクリン・ピアスに送ったとされる手紙にはこう書かれていました。

我々には、分からない。
空が金で買えるだろうか?
雨や風をひとりじめできるだろうか?
土地は地球の一部であり、我々は地球の一部であり、地球は我々の一部なのだ。

「所有」というのは、そう思う人の都合のよいまさに概念というだけの事であって、概念という幻想であるのです。よってシアトル酋長の主張は的を射ています。正しくその通りだからです。彼らはNEW VISION を生きているとも言えるのではないでしょうか?

彼らインディアンにとってみれば、大地をはじめとして空気や水、空や星、周りの環境がすべてが神様と、そして自分達と一体として存在しているのであったのです。だから、そこから土地だけを切り離して「売る」だの「買う」だの、まったく意味不明だった訳です。だから、白人に「土地を売ってほしい」と言われたとき、たぶん本当に理解できなかったのです。

理解できなくて当然ですよ。しかし奪う者たちは、理解できないことをもって「インディアンは白人より劣っている」という短絡的な結論を導き出し決めつけて来たという悲しい歴史があるのです。

彼らにしてみれば、当然、大地に線が引いているわけではないし、したがって大地は誰のものでもなく、強いて言えば「みんなのもの」という認識があるだけだったのです。

なぜ大地を「所有」できるのか?
それは単に、ヨーロッパに住む白人が、必要に迫られて土地の「所有」という概念を作り出しただけなのです。したがって、その必要性がなかったインディアンは、土地の所有という幻想は存在しなかった訳で、それが本当は正しい考えだったのですが・・・。

▼最後に、ヴィジョンの大好きな言葉をいつくか紹介させて下さい。

笑顔が神聖なものであり、みんなと分け合うべきものであることをいかなるときも忘れてはならない。

怒りは自分に盛る毒。

与えれば与えるほど、良き事があなたには訪れる。

なにを為すのであれ、今から七世代後の子供たちへの影響を考慮して行われなくてはならない。

「Hear と Listen」、「See と Look」、「Say と Speark」、 お前は聞こえてはいるけど、聴いてはいない。お前は見えてはいるけど、視えてはいない。お前は話してはいるけど、本当の事は伝えていない。

神の名は無意味、世界にとってほんとうの神は愛なのだ。

※先人たちの魂の籠った言葉は、時代を超えて我々の心に訴えかけて来ます。2019年は、平成の世30年から新年号に変わる年となります。世界のたった1%の者達が、世界の富の82%を所有する様な歪んだ世界からの脱却の世になると願いつつ、このブログを本年も続けて行きたいと思っております。改めまして、本年もよろしくお願いいたします。
ヴィジョン

※応援クリックをよろしくお願いします。
▼ ▼ ▼
人気ブログランキングへ
& & &
にほんブログ村 人生・成功哲学

★ ★ ★