偶然はないという人が「たまたま」と言ってしまう不思議

★ ★ ★

NEW VISION アカデミーの参加者の方々に「偶然はあると思いますか?」と聴くと、殆どの方々が「偶然はない!と思います」と答えます。しかし、親しくなり緊張も和らいでくると「先日、たまたま○○をした」等と「たまたま」を連発するのです。その度にヴィジョンは不思議だなぁって思うのです。

偶然はないのに、たまたまはあるの?頭がおかしくなりそうですよね(笑) 偶然がないという事は、必然で起きているという事になります。そこでもう一つ質問をしてみます。それは「本当に偶然は万に一つも無いですか?本当ですか?」と・・・。

すると、今度は少し自信なさげな顔をします。これでは「たまたま」と言ってしまう筈です(^_^;) 偶然は無い=必然である=万に一つの偶然もない=全ては必然であると、当たり前の様に答える事が出来て、初めてその方は本当の理解をしているとなるのです。

そして、何よりも大事なのが日常の生活の中で、そう思えるか?という事なのです。知識ばかり持っていても何の役にも立ちません。身に付いてないものは、一切使えないのです。使えないどころか、口と行いがバラバラ事件を起こしているのです。スピリチュアルを語る人や、宗教をかじっている人に多い傾向です。

知識は生活に活かしてこそ、初めて宝物となるのです。使えない刀を持っていても、それは刃が欠けていたり錆びついているのと同じことで何の意味も持ちません。頭でっかちになってはいけないのです。知識を活かす実践あるのみ。行動あるのみです。

ヴィジョン

※応援クリックをよろしくお願いします。
▼ ▼ ▼
人気ブログランキングへ
& & &
にほんブログ村 人生・成功哲学

★ ★ ★

関連記事

コメント

    • コスモ
    • 2019年 2月 10日

    実は…、私も偶然はないと人には偉そうに言っていながら、
    「たまたま」と口にしている一人でした。
    知識で知っているだけで、実践できていない事の顕れですね。
    読みながらドキッとしてしまいました。そしてとても耳が痛いです。
    偶然はないと言っておきながら、
    「たまたま」と口にしている事をおかしいとも思わなかった事にも、
    大反省中です。

    宝の持ち腐れのように知識ばかり、頭でっかちで、
    本当にもったいない事をしていました。
    実践あるのみ、行動あるのみ。
    大切な事を教えて頂いて、ありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。