【No.3】人は何も持たずに生まれ、何も持たずに死んでいく…なのに、なぜ争う?

★ ★ ★

このシリーズのラストの回となりました。みなさん、少しは考えてみて下さったでしょうか?「自分は何の為に生きているのか?」を・・・。前回も書きましたが、あなたの人生の事ですので、誰に聞いても教えてはくれませんし、答える事も出来ません。ましてや、万が一教えてもらったとしても他人から言われた事に「心から納得がいく」事はきっとないでしょう。

ですから、あなた自身が「何の為に生きるのか?」の答えを自分で出す事が大事なのです。それでしか、あなたの人生の霧が晴れる事はないでしょう。いつでも心が晴れないのはなぜなのか?モヤがかかったような心の状態・・・どうしたら晴れ渡る事が出来るのだろうか?

タイトルにも書いたように、人は何も持たずに生まれ、何も持たずに死んでいくのです。誰一人例外なく世界中の人がそうなのです。権力者も一般人も、お金持ちも貧乏人も、みんな同じです。シンプルに考えて、持っていけない物で「人と人は争う必要はない」という事なのです。持って行けないのに争うとは、なんと人間は強欲な生き物なのでしょうか?なんと悲しい生き方をしているのでしょうか?

人間は「争う必要なんか、一切無いんだ!という事を学ぶ為」に、争っているとも言えるのです。まるで滑稽な生き方なのですが、しょうがありません。争い、学び、その結末が「争う必要なんかない」を学ぶです・・・。争う前に分かっても良いとは思うのですが・・・ここまで来ると、もう笑うしかありませんね。

そして人間は「何の為に生きるのか?」それは「人生を楽しむ為!」に生きるのです。この一点しかありません。どんな境遇、どんな事があったとしても、あなたは「人生を楽しめる」という事でもあるのです。その位に、素晴らしい力を持ってあなたは生まれて来たのです。どんなネガティブも、ポジティブに変えることが出来る心の強さを身に付ける事が出来ると言う訳なのです。

ヴィジョン

※更新応援クリックをよろしくお願いします。
▼ ▼ ▼
人気ブログランキングへ
& & &
にほんブログ村 人生・成功哲学

★ ★ ★

関連記事

コメント

    • ハーモニー
    • 2019年 3月 12日

    このシリーズを、最初から読ませて頂いています。
    よく考えたら、人間は何一つ持ってはいけない物の為に、
    争ったり、憎み合ったりしている事が多い事にハッと気付きました。

    争う必要なんか無い、という事を学ぶ為に争っているとは、
    悲しいし、滑稽すぎておかしいですね。
    実際に争って痛い目に遭わないと、気付けないという事でしょうか…。

    「何の為に生きるのか?」自分で出した答えに、
    「人生を楽しむ為!」という事は、到底出てきませんでした。
    「人生を楽しむ」、シンプルだけどすごく奥が深そうです。

    どんな事がおきても、私は人生を楽しむ為に生きているのだ、
    という事を思い出す事ができると、
    少しでも、前向きになれそうな気がしてきました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。