「怖れ」や「恐怖」をベースに生きていては、心からは笑えない・・・。

★ ★ ★

人間の多くは、実は「怖れや恐怖をベースに」生きています。怖れや恐怖からスタートしたものが、どんな幸せを運んでくるというのだろうか?そうは言っても「私は恐怖をベースにしていない」という方や、そんな「自覚が無い」という方が殆どなのも事実です。実は、この自覚が無いというのが一番厄介なのです。つまり、自分の本当の姿が分からないという事が、自分を変えることが出来ない一番の原因だからです。

例えば、人前でカッコをつけてしまう。もしくは偉そうな態度を取ってしまう。はたまた強がってしまう。自分の○○がばれない様にする為に、虚勢を張ってしまう等々、後でもっと謙虚にしていれば・・・と思い後悔する事もあると思います。どうして人間はこんなに「攻撃的」に(表面に出そうが、内面的にだろうが)出るのでしょうか?どうして人間はこんなにも「自分を守ろうとする」のでしょうか?それも瞬時に守りの態勢に入るのです。それはそれは見事なものです。

この攻撃的に観える生き方こそ、実はベースに「恐怖」があるからなのです。恐怖があるからこその行動パターンとなります。恐怖が無ければ、怖くなければ、自分を守る必要などありませんよね。いつでも心をオープンにしていられますよね。みなさん自分自身の行動パターンを振り返ってみて下さいね。攻撃的な生き方は、自分を実は「下げている」「貶めている」生き方。強がりや虚勢を張っても、後から空しくなるのはどうしてでしょうか?それでは心の平和は訪れてはくれませんよね。怖れから、逆に謙虚を装う生き方を選んでいる人もいます。

そのどちらの生き方も『自分自身を下げている』生き方になっている事に気が付いて欲しいのです。それでは、いつでも心から笑って生きる事は絶対に無理だからです。スタート地点が間違っていては、ゴールに辿り着かないからです。人生のナビがスタートから狂っているからです。そして何よりも『自分自身を自分で貶める生き方を卒業すべき』だと思うのです。年号も変わります。あなたの人生も新しい時代を迎えてみる事にチャレンジしてみませんか!?

※上記の内容は先日急きょ開催された『特別アカデミー』での授業内容のごく一部となっております。今夏、奈良県桜井市で開催予定の『特別オープンアカデミー』の開催時に、また話したいと思っている内容の一部です。オープンアカデミーの詳細は決定次第、当ホームページにてお知らせいたしますのでお楽しみに♪

ヴィジョン

※更新応援クリックをよろしくお願いします。
▼ ▼ ▼
人気ブログランキングへ
& & &
にほんブログ村 人生・成功哲学

★ ★ ★

関連記事

コメント

    • ハーモニー
    • 2019年 4月 05日

    人間の多くは、「怖れや恐怖をベースに」生きています。
    という冒頭の文章を読んで、自分はそんな事はない、
    と実は思ってしまった一人です。

    最初は、怖れや恐怖をベースに生きているという意味が良く分からなかったのですが、
    人前でカッコつける、偉そうにしてしまう…、
    自分の事を考えると思い当たる事が沢山思い浮かび、自分でビックリしました。
    怖れから逆に謙虚を装う…こちらも自分に当てはまる気がします(>_<)

    こんな自分の姿が、自分自身を下げているとは悲しい生き方だと思います。
    とっさに、自分は怖れや恐怖をベースに生きてはいない、と思ったという事は、
    自分の姿が分かっていないという事だと思うので、
    自分の本当の姿をみてみる事からはじめてみます。

    今回書いて頂いた事は、特別アカデミーの内容の一部なのですね。
    ごく一部と言っても今まで聴いた事もないような内容で、
    今夏のアカデミーの詳細を楽しみにしています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。