「今だけ、金だけ、自分だけ」良ければ良いという時代の終わり!

★ ★ ★

「今だけ、金だけ、自分だけ」良ければ良いという時代の終わり!つまりは、自分中心の時代は終わりを告げる!という事です。TVでも連日、政治家や企業のトップの降板ニュースが流されているのも、こんな古い時代は終わりを告げたからです。これをOLD VISIONの終焉、つまりエゴ中心の時代の終わりだと言えるのです。

しかし、これは何も政治家や企業家等の偉い人たちの事だけではありません。私達一人一人にとっても同じことなのです。「今だけ良ければ、それで良い」「金が儲かれば、それで良い」そして「自分だけ良ければ、それで良い」という時代は終わったという事です。日本人全員のみならず、全人類に同じく当てはまる事なのです。

心がチクッと痛くても、人間は言い訳がとっても上手な生き物なので「子供がいるからしょうがない」とか「家を守る為にしょうがない」とか、「皆もやっているから」等と全く持って自分を正当化するラベルを取り換え引き換え張り続けるのです。だから、心の霧が晴れる事はないのです。その事を「しょうがない」と諦め、観て見ぬふりをする人生へと成り下がるのです。

『今だけしかないのですから、自分で納得の行く様に感謝と共に生きよう!』

『金で買えないものこそ、大事にしなければならない』

『自分だけ良ければ良いという生き方は、大人として恥ずかしい生き方である』

ただただ、この様に生きれば良いだけだと思うのですが・・・みなさん、どう思いますか?この当たり前の生き方、大人として当然の生き方をNEW VISION と呼んでいます。何も難しい事では無いと思うのですが、いつでも邪魔をするのが「自分」という殻なのかもしれませんね・・・。

ヴィジョン

※更新応援クリックをよろしくお願いします。
▼ ▼ ▼
人気ブログランキングへ
& & &
にほんブログ村 人生・成功哲学

★ ★ ★

関連記事

コメント

    • スピカ
    • 2019年 4月 13日

    TVのニュースなどで毎日のように流れている出来事が、
    自分達にとっても同じ事を意味しているとは思ってなくて、
    記事を読んで驚きました。

    書いてあるように、今まで本当に言い訳ばかり上手になって、
    お金で買えないものや、目にみえないものは全く大事にはせず、
    お金やものなど目にみえる事だけに囚われて生きてきたのだと思いました。

    「当たり前の生き方、大人として当然の生き方」が、
    今まで全く出来ていませんでした。
    今だけしかないのですから、自分で納得の行く様に感謝と共に生きよう!
    という文章がとても印象に残りました。
    このような生き方を目指そうと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。