天動説から地動説へ

 

あなたは天動説を知っていますか?地動説を知っていますか?つまり、天が動くのか?地が動くのか?という事なのですが・・・。上のイラストをよ~く見て欲しいのです。真ん中に何がありますか?宇宙の真ん中には「地球」が位置していますよね。つまり宇宙の中心が地球であり、太陽もすべてこの地球の周りを廻っていると信じられていたという訳なのです。これが「天動説」です。

この「天動説」から、否、違うのではないか?動いているのは「地球」の方なのではないのか?これが「地動説」なのです。それは、天地が引っくり返る位の出来事だった事だと、あなたはイメージできますでしょうか?是非、このコペルニクス的転回のダイナミズムを体感して欲しいのです。なぜならば、この天地が引っくり返る位の出来事がこれから我々に起きる!からなのです。あなたの人生で・・・、そしてこの世界で・・・。

15世紀に入って大航海時代が始まると、星の見え方から船の位置を知るという実用上の理由から、天文学がいっそうさかんに研究されるようになりました。観測技術が進歩するにつれて、惑星の位置予測がずれるなどクラウディオス・プトレマイオスの天動説では説明できない事柄も明らかになりはじめ、天動説に疑問をいだく学者も出てきました。

地動説への「コペルニクス的転回」

地球が宇宙の中心にあり天球が回転しているとするプトレマイオスの天動説では、惑星の微妙な動きを説明するために、惑星はその公転軌道上にある別の円(周転円)の上を運動するという複雑な概念が導入されていました。そのつじつま合わせ的な説明に疑いをもったのがニコラウス・コペルニクスです。ニコラウス・コペルニクスは、宇宙は数学的にもっと合理的な運動をしているのではないか、と考え、太陽を宇宙の中心におき、そのまわりを地球をはじめとした惑星が回転しているという宇宙の姿を考えました。これが地動説です。この説を述べた著書は、当時の宗教への配慮から書名を『天球の回転について』とされ、出版されたのも彼の死の直前でした。人間の住む地球が中心ではないという学説は、地球が宇宙の中心であるという聖書の記述こそを真実としていた当時では、あまりにも先進的で過激な考え方だったのです。

          

はげしくせめぎ合う「天動説」と「地動説」

天体の運動を明快に説明するニコラウス・コペルニクスの地動説は、しだいにその後の天文学者に影響を与えていきます。デンマークのティコ・ブラーエは詳細な天体の位置観測を行ったことで有名な天文学者です。ブラーエは優れた視力の持ち主で、太陽や月、惑星の動きの詳細な観測記録を残しています。ブラーエの死後、助手であったドイツのヨハネス・ケプラーがブラーエの残した多くの観測データを受けつぎ、地動説の基礎となる惑星の運動に関する「ケプラーの法則」を発見するのです。

地動説を裏づけた、17世紀のガリレオの発見

一方、イタリアでは、ガリレオ・ガリレイが、はじめて望遠鏡による天体観測を行い、1610年、木星のまわりを動く4つの衛星を発見します。この発見を皮切りに、ガリレオは金星の満ち欠けと大きさが変化して見えることなど天動説では説明できない現象を次々と発見していきました。これにより、ガリレオは地動説を強く信じるようになるのですが、1300年にわたって支持されてきたプトレマイオスの宇宙に対するキリスト教や人々の信奉は根強く、地動説が広く受けられるにはいま少し時間が必要でした。

           By:JAXA

 

さて、天動説から地動説へと移り変わる大変革を少しは感じる事が出来たと思います。でも改めてイメージすると、本当に凄い出来事でしたでしょうね!?だって、自分が今立っている地球が・・・実は太陽の周りを廻っているのだと・・・自分の足元が動いているのだと判明したのですから。人間は誰でも『自分が中心だ!』と考えがちなものです。

これは、何も天文学だけの話ではありません。社会の中でも、会社の中でも、家庭内でも、『自分が中心だ』と考えて多くの人間は生きています。これは個人の話だけではなく、国と国との関係でも全く同じことが言えるのです。これでは、個人間でも国家間でも分かり合える筈もなく、争いが産まれるのは必然の事だと言えると思うのです。人間の争いはここから生まれている、つまりこの『自己中心的な思いから』全てのネガティブが生まれているのではないでしょうか?

この「自己中心的な生き方」を、我々は『OLD VISION』と呼んでいます。自分だけ良ければよいという生き方です。しかし、この生き方ではいずれ息が詰まりそうになりますし、結局は腹の探り合いでしかないので、真の友情も生まれにくいのです。なぜなら、最後の最後は自己中心的な生き方同士のぶつかり合いになるのですからね。

この「人を見れば泥棒と思え的で自己中心的な生き方」の『OLD VISION』から、『NEW VISION』へとシフトすべき時が来ているのではないでしょうか?つまり、我々一人一人が変わらない限り何一つ変わりはしたいのではないだろうか?まず最初に『変えるべきは自分自身なのではないだろうか?』と、我々一般社団法人 NEW VISIONでは、あなたに、日本に、世界に向けてそう呼びかけているのです。

※応援クリックをよろしくお願いします。
▼ ▼ ▼
にほんブログ村 人生・成功哲学
人気ブログランキングへ

関連記事

コメント

    • よっちゃん
    • 2017年 2月 13日

    ヴィジョンさんへ

    「天動説と地動説」の記事を拝見し、それがどれだけすごいことだったのかがイメージ出来ました。
    こんなことが私たちの人生で起こるなんて・・・。
    衝撃的な内容ですが、なぜか納得出来ました。

    大阪アカデミーを楽しみにしています。

    よっちゃん

  1. この記事へのトラックバックはありません。