『ありのままで良い!』なんて、そんな訳はない。

 
『ありのままで良い!』なんて、そんな訳はない。アカデミーに参加された方々と、セミナー終了後に懇親会を開きいろいろな話をするのですが、その時にこんな事を言う人が増えているのです。「ありのままで良いんですよねぇ?だから、本当の自分になれば良いのですよね?」と・・・。言っている意味は分かるのですが、大きくその意味を取り違えている人が多いのです。そこで、今日はこの「ありのまま」について書きたいと思います。

「ありのままで~♪」なんて歌もあった位に、スピリチュアル好きの間では特に流行ったらしいのですが・・・、その自分勝手な解釈にヴィジョンは唖然としてしまいました。「ありのままが良いのだから、今何も特に努力は必要ないんでしょ!」と言うのです。極端な良い方かもしれませんが、要はこんな風に思っていると言うのです。だから、楽をしてパワースポット巡りをして、占いに一喜一憂しているのだと言うのです・・・。じゃぁ、なぜこのアカデミーに来たのか?と思いますが(笑)

皆さん・・・そんな楽をして新しい自分に変われると思いますか?自分は何の汗も流さない、努力もしない。人前に出て冷や汗もかかない人が、何を成そうと言うのでしょうか?皆さん・・・話しは少し変わりますが『日本刀』はどうやって出来るのかを知っていますか?素晴らしい日本刀はどうやって作られるのか?鋼を火で熱し、徹底的に叩いて叩いて『鍛えぬく事』で名刀が生まれるのです。つまり、鍛えることは絶対に不可欠なのです。

ありのままなんか言っていたら、いつまでたっても刀は作ることさえ出来ないのです。もしくは、中途半端な叩き方だったり、まぁいいかという作業では話しにもなりません。これはスポーツ選手でも同じですよね。妥協すれば必ず結果は妥協したものしか出ては来ないのです。つまり、人間自身も全く同じだと思いませんか?徹底的に自分を鍛えぬいた方が、これから世の中が混とんとして行った時に、光り輝き世を照らして行くことになると思うのです。

そんな世が落ちて行ったり、混とんとして来た時に、自分自身を鍛えて来なかった人は何の役にも立つ事が出来ないのは明明白白です。ありのままで良いなんて言って、何の努力もしていないと後で大恥をかく事となります。しかしだからと言って修行しなさいとか、苦行をしなさいと言っているのではありません。

以前の記事にも書きましたが、あなたが好きな事、興味のある事を一生懸命に研きなさいと言っているだけなのですよ。そして「ありのまま」という本当の意味は・・・長くなりましたのでこの事についてはいつかまたこのコーナーで書かせて頂ければと思います。※ヒント:ありのままとは、本来の本当のあなたの事であって、その素晴らしいあなたの元を隠してしまい、曇らせてしまっているのが自分自身だという訳なのです。

ヴィジョン

※応援クリックをよろしくお願いします。
▼ ▼ ▼
にほんブログ村 人生・成功哲学
人気ブログランキングへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。