この世は、地獄なのか?天国なのか?

☆ ☆ ☆

この世は、地獄なのか?天国なのか?というテーマで、おススメの本を紹介させて頂きます。本のタイトルは「神の使者」という本で、著者はゲイリーレナードさん。2007年に出版され、2013年にも新装版として出されたのですが、どちらも現在は売り切れ状態です。よって「新装版 神の使者 Kindle版(電子書籍)」を読んでいただくか、もしくは中古品をお探しいただくかしかありませんので最下記にリンクを貼っておきますので参考にして下さい。

さて、新型コロナウイルスの必要以上に「恐怖」をあおりまくる報道には、ホトホト嫌になります。皆さんもTVの見過ぎにはご注意を。精神が病んできますよ(^_^;) この異常な連日の報道や、無理やりロックダウン等と言い経済を止めるというやり方を見ていて、完全に一方的に上からマインドコントロールをしているなぁと感じます。日本人は特に洗脳されやすく流されやすいですから、直ぐに自粛警察等と言う訳の分からない正義感を振りかざし、良い人をマジで演じてしまったりします。

そんな中、ふと私は考えました。この世は、天国なのか?地獄なのか?はたまた天国はどこにあるのか?そして同じように、地獄はどこにあるのか?と・・・。少なくともこの世は天国じゃないですよね・・・。でも、この世は地獄でもないと思っている人が大半なのではないでしょうか?そんな中、思い出した本がありました。それが本日紹介する「神の使者」という本です。その本の中から天国と地獄に関する箇所をピックアップしてみましたので、ご覧ください。

(1)多くの人と同じように、きみも地獄に行く可能性を心配したことがあったね。だが既に地獄にいるとは気づかなかった。ヘブライ人の古い神秘主義の伝統には、地獄とは神からの遠さのこと、天国とは神への近さのこと、という言葉がある──これは当たっているね。

(2)きみが心を導かれて新しい冒険に乗り出すにあたって、認識の宇宙できみが見ているものすべてに、選ぶべき二つの目的があることを忘れないようにしなさい。一つはきみを囚人のままに繋いでおくという目的で、もう一つはきみを自由にするという目的だ。

(3)きみが見ているものについて聖霊の解釈を選ぶなら、次の言葉の通りだと気づくだろう。

(4)「あなたに与えられているすべては解放のためにある。視力、ビジョン、内なるガイドはすべて、あなたをあなたが愛する者と一緒に、そして宇宙と一緒に、地獄から連れ出して (天国に) 導いてくれる」〔終〕~『神の使者』

・・・・・

上記に紹介させて頂いた通り、この世が実は地獄だったのです。死んでから地獄に行くのか?天国に行くのか?という話ではありませんでした。でも、私たちはこの地獄の様な現代社会から脱け出す事も出来るのです。この幻想の世界とも言うべき状態から、やはり覚醒する必要があるという事なのです。目覚めの時、目を覚ますべき時が今!なのです。夢から覚める時が今なのです。

このサイトのランキングでも第二位になっているこの世界は、実は「仮想現実」だった!?の記事もお読みくだされば嬉しいです。私達は、何を恐れ、何と戦い、どこに向かおうとしているのか?一人一人が真の自由を取り戻す時であり、夢から目覚める時であると、この新型コロナウイルスの異常な報道と、世界中の人々の心の動きを観て痛烈に感じています。洞窟から脱け出す時、それが今なのです。

ヴィジョン / Vision
▼記事更新の応援クリックをお願いします▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

☆ ☆ ☆

関連記事

  1. あずき

    こんにちは。

    今生きている世界が地獄と、気づかないフリをしていたような、まさに地獄ってほどでもないなと思っていて、きちんと認識していませんでした。
    覚醒と言われるとなんだか自分にはピンとくるものがなかったのですが、この幻想の世界から目を覚ますと教えていただいて、”あ、そうだ!”と、とても納得できたような感じです。

    ご紹介していただいた書籍も興味があるので読んでみます。
    いつもありがとうございます。

  2. ハルト

    この度は、とても貴重な「本」をご紹介頂きましてありがとうございます。

    早速「新装版 神の使者 Kindle版(電子書籍)」を購入させて頂きました。

    まだ第一章までしか読んでおりませんが、これまでの概念を壊して頂く程の衝撃的な内容に驚きつつも、
    凄く新鮮で貴重なことを学ばせて頂いております。

    今、コロナ騒ぎに心が振り回されてしまっている私の現状は本当に大切なことから、
    目を背けてしまって目覚めることを諦めようとしているのと同じことだと思いました。

    今の自分は自由になることよりも囚人になることを自ら選んでいたと気づかせて頂きました。

    心の奥底に「自分だけは助かりたい」と言う思いがありました。

    この世を地獄にしているのはそんな自分の思いなのかも知れないと思いました。

    私も地獄の様な社会から目覚め本当の自由を取り戻す為に頑張ります。

    「神の使者」から沢山のことを学ばせて頂きたいと思います。

    今回も大切なことを教えて頂きましてありがとうございます。

  3. スピカ

    こんにちは。
    最初にタイトルを見た時、この世は天国ではないけれども、
    地獄というほどでもないかな、と感じましたので、
    この世が実は地獄だったという事に、とても驚きました。

    紹介頂いた「神の使者」、早速購入させて頂き、
    読ませて頂いています。
    とても言葉では言い表せない感動や驚きの連続です。
    『この世界は、実は「仮想現実」だった!?』や、
    ほかの色々な記事を読み返しながら、
    これってこういう事だったのか!と思ったりなど、
    新しい発見もたくさんあります。
    引き続き、大切に読ませて頂きます。ありがとうございます。