【被災地慰問】My Way / 布施明 〜復興祈願〜

☆ ☆ ☆

今回は素晴らしい歌を紹介させて頂こうと思います。それは「My Way」という曲です。きっと誰もが知っている曲だと思いますが、この曲はその歌詞とその歌い手のタレント性により、益々輝く曲だと思いますので元祖フランクシナトラさん、エルビスプレスリーさん、そして日本を代表して布施明、それぞれのMy Wayを紹介いたします。歌だけでなく何でも「心」で表現するものだと思うのです。それではお楽しみください。

▼【被災地慰問】My Way / 布施明 〜復興祈願〜

※では、ここでマイウェイの曲自体の紹介もしておきますね。

マイ・ウェイ」(My Way)は、フランク・シナトラポピュラー・ソング。作詞はポール・アンカ、作曲はクロード・フランソワジャック・ルヴォー英語版)。原曲は1967年のクロード・フランソワのフランス語の歌「Comme d’habitude」(コム・ダビチュード 作詞:クロード・フランソワ、ジル・ティボ 作曲:クロード・フランソワ、ジャック・ルヴォー)で、ポール・アンカが新たに英語の詞を書き[注 1]、1969年にフランク・シナトラのシングル及び同名のアルバムとして発売された。後にエルヴィス・プレスリーはじめ多くの歌手によりカバーされ、カバーされた回数が史上第2位の曲(第1位はビートルズの「イエスタデイ」)だと言われている[1]。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

※ヴィジョンの大好きなエルビスプレスリー!彼が歌うとこうなります♪

▼Elvis Presley – My Way (Aloha From Hawaii, Live in Honolulu, 1973)

それでは最後に本家本元のシブいマイウェイをお聞きください。

▼Frank Sinatra – My Way (Live At Madison Square Garden, 1974)

※みなさん、どうでしたでしょうか?お一人お一人、個性に溢れていますよね。これこそ、まさしくマイウェイ!ですよね。ヴィジョンはこの曲を聴くたびに思うことがあります。それは、一人一人個性あふれる生き方をして良いのだ!という事です。型にはまらない生き方をして良いのです。型にはまると息苦しくなります。勇気をもって一歩を踏み出すことは、とっても素晴らしい事です。どんなに小さなことでも良いのです。チャレンジしないことが人生の後悔にならないように・・・。それはまさにマイウェイの歌詞にあるように『すべては心の決めたままに♪』だと思うのです。私たちの『意志』そのものが物事を決める!ということが最も大事な事なのだと思うのです。

ヴィジョン / Vision
▼記事更新の応援クリックをお願いします▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
☆ ☆ ☆

関連記事

  1. yumeko

    三人共それぞれ素晴らしいボーカリスト!
    マイウェイの歌の良さにも負けてませんね
    布施明さんは、20代から歌ってられます
    それぞれの年代のマイウェイがあります
    被災地訪問のマイウェイは、特別です
    これほど心に響く歌はありません
    出来たら同じコンサートでの歌唱でくらへると
    又面白いとおもいました
    ありがとうございます。

  2. ハーモニー

    三人の方の「マイウェイ」聴かせて頂きました♪
    本当に、どなたもみんな違って、みんないい!ですね。

    布施明さんの日本語の歌詞のマイウェイも、ぐっと心に響きました。
    子供のころからこの曲は歌っていましたが、
    改めて聴くと、とっても素敵な曲で感動しました。

    私は歌を歌うことが好きで、歌の練習をしています。
    どうしても、楽譜通りに、間違わずに歌おうとばかりします。
    同じ歌でも全く違う三人のように、
    型にはまらずに自分らしく歌う事、勇気を出してチャレンジしてみます!