こんな僕でも やれることがある

玉置浩二さんのMR.LONELYという歌はこんな歌詞で始まる。

コロナ禍で心が疲れた・・・そんなあなたに贈ります。

こんな僕でも やれることがある
頑張って ダメで 悩んで
汗流して できなくって
バカなやつだって 笑われたって
涙こらえて

※まずはご本人の歌を聞いて欲しい(5分33秒)

何もないけど
いつでも 野に咲く花のように
君が優しかったから 僕は
元気でいるから

どんな時でも どんなことにでも
人の気持ちになって
この心が痛むなら
むだなことだって 言われたって
かまわないから

何もないけど
なかよく 野に咲く花のように
君と暮らしていた頃を 思って
元気でいるから
むくわれないことが 多いだろうけど
願いをこめて

※こちらは歌詞入りバージョン(5分23秒)

何もないけど
僕らは 野に咲く花のように
風に吹かれていたって
いつでも どんな時でも

何もないけど
君のために 野に咲く花のように
遠く離れていたって 笑って
元気でいるから

※最後にミスチルの桜井さんがカバーしたバージョンです(4分42秒)

まるで辛いトンネルに入り込んだような世界。

コロナ禍で世界は一変しました・・・。

それでも私たちには大事な生きる意味があります。

自暴自棄にならず、心を落ち着けて下さいね。

TVのニュースはもう見る意味さえないかもしれません(^^;

TVは嘘が嘘を呼ぶ最大の感染源と化してしまっていますから。

世界が何であろうと、あなたの光を失ってはいけません。

私たちの人生は、自分で選択できるのですから。

心を落ち着けて、時には休息していきましょう。

息が詰まりそうだったら一休み一休み。

自分を責める必要はありません。

誰かを責める必要もありません。

あなたが、あなたらしくあれるように。

笑顔で日々送れますように。

いつでも、そう願っております。

ヴィジョン / Vision
▼記事更新の応援クリックをお願いします▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。