子供は「神様の使い」?!

★ ★ ★

赤ちゃんが笑うと、一緒に笑ってしまうのはなぜなのでしょうか?電車の中でも、赤ちゃんが笑うと周りの人達からも自然と笑みがこぼれますよね。年齢問わず、国籍問わず、男女問わずに・・みんな笑顔です。そんな経験はきっと皆さんも、あると思います。でもそれは、どうしてだと思いますか?それは子供は「神様の使い」だからなのです。

子供達、特に赤ちゃんはいつでも100%の笑顔です。全力で笑います。まさしく純真無垢な子供達♪とはこの事です。疑う事を知らず、総てを任せて、全てを受け入れて生きています。大人たちの様に構えたり、作り笑いもしません。赤ちゃんが作り笑いをしたら怖いですよね(^_^;) 完全無防備なのです。つまり、防御する必要がないからなのです。だから人々は、赤ちゃんが笑うと素敵な笑顔になってしまうのです。神様の使いだからです。これは理屈ではありません。

赤ちゃんは一般社団法人 NEW VISIONのコンセプトである「心をオープンにして全てと調和し、遊び心をもって、喜びの渦を巻き続けるプロジェクト」を地で行っています。心がいつでも開いている状態なのです。だから、赤ちゃんや子供達にはいつでも人の輪が出来ていますよね。それは、存在しているだけで幸せを運んで来てくれるからなのです。ですから大人になって、心を閉じてはいけません。いつでも心をオープンにして、自覚的に幸せを運ぶ『神様の使い』にならなくてはならないのです。

ヴィジョン / Vision
▼記事更新の応援クリックをお願いします▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。