代表理事 神新二メッセージ

代表理事の神新二(じん しんじ)には、子供の頃から持っていた『大きな夢が2つ』ありました。1つは、小さな頃から大好きだったプロレスの会社に入り、プロレスを愛するファンの方々に「大人になっても、プロレスファンだと言い続ける事が出来る様な業界、団体にする事」でした。この子供の頃からの夢に向かって、初めて就職した新日本プロレス(株)の時から長年アイディアを組み上げていました。例えば、月一回興行スタイルやメディア戦略等、社会的な認知を得るための戦略を必死の思いでたった一人で悩み抜き、遂に理想とする新しい団体のプランを完成させました。そしてその自ら発案した「新生UWF構想」を、独立に尻込みしていた選手たちを説得し、ご協力者の方々等にお声掛けすると同時に、そのプランを説明し協力を仰ぐということを秘密裏に必死に繰り返してました。そして遂に「株式会社UWF(ユーダブリュエフ)」というプロレス団体を25歳の時に立ち上げ、自ら代表取締役に就任いたしました。大好きなプロレス業界を変えたい!新生UWFを絶対に成功させる!という一心で死ぬほど働きました。

そして旧態依然とした怖くて暗いイメージがあったプロレス業界からの脱出を目標に、26歳の時に後楽園ホールでの旗揚げ後は、日本武道館や大阪球場や東京ドーム等で史上最年少社長として開催させて頂き、有名アーティストの方々に先駆けて日本で史上初のクローズドサーキット(現在で言うところのライブビューイング)を全国で開催し成功させる事も出来ました。新生UWFが初めて歴史に名を刻む事ができた時でした。また、レーザー光線などを使った大掛かりな演出や、プロレス界初のチケットぴあ等を使ったチケッティングシステムの確立など、プロレスという枠を超える様な素晴らしい体験の数々や斬新なプロデュースを行う事により新たなエンターテイメントが社会的ムーブメントとなった事で、1つ目のその夢は20代後半までで実現する事が出来ました。

その間、言葉に言い尽くせない様々な事がありましたが、構想のイメージ通りに進んで行くプロジェクトに、とてもワクワクする毎日で何物にも代えがたいとても貴重な体験となり、新生UWFという大きな渦はファンの方々と創り上げる事が出来、1つ目の夢は20代の内に実現することができました。思考は現実化するという事を体験させて頂きました。この場をお借りしまして、いわゆる「UWF信者」と呼ばれた愛すべき熱狂的なファンの方々の応援に支えて頂いたこと、ファンの皆様と一緒に夢を追いかける事が出来たことを、30年以上経った今でも心の底から感謝をしています。本当にありがとうございました。

しかしそんな感動的な出来事の後半から、私はマスコミ上で選手達らの嘘やでっち上げで一方的に悪者にされていました。街を歩けば「ドロボー」と指を指されたりもし、自宅にいたずら等もされた事もありました。でも私はUWF解散記者会見の時から「一切選手や関係者の悪口は絶対に言わない」と固く心に誓っていました。なぜならば、それが『新生UWFを始めた者としての責務』だと思ったからです。そして社長である私がでっち上げや嘘に対して反論したり、それまでに実際に選手がやってしまったことで社長の私自身が尻ぬぐいをして来た数多くのことを明かしたり反論会見を開いていたとしたら泥仕合になるだけでなく、ファンの方々の夢を壊してしまい選手自身の選手生命はその時点で絶たれてしまっていました。それ位の数多くの事件事故を頭を下げてもみ消して来たからです。

それ程までに、自ら立ち上げた新生UWFへの思いはUWFの生みの親としての自覚は誰よりも強いものでした。一方的に悪口を言われ犯罪者扱いされても、一切の反撃をしなかったのは「解散後の選手達には無事に再スタートを切って欲しかった」一心からでした。この事は神様に誓って言います。この思いは綺麗ごとを一切抜きにして今でも「嘘偽りない正直な思い」です。噂話とは残酷なもので、同時にとても無責任なものです。でもその嘘や作り話を自分に都合の良いようにつくり上げて言ってきた選手や一部の関係者たちと、その嘘を何の確認もなしに垂れ流してきたマスコミには重大なる責任があります。命がけで仕事をして来た者に対して、でっち上げで犯罪者のような扱いした事にどう責任を取るというのでしょうか?言いっ放し書きっ放しなのでしょうか?以上の事は解散から30年以上経って初めて口にした真実です。

よってUWF解散後私はある意味、人生の目的自体が20代で全て終わってしまった様なそんな虚無感に襲われてもいました。信じた選手や関係者に裏切られたというやるせない思いに包まれていました。しかし29歳の時に、自分には夢はもう1つあった事を思い出したのです。それは一言で言うと「真の学校をつくり、真の教育を展開する事」でした。しかしその学校とは当然、今世間にある既存の学校の事ではありません。例えば、テストの為にただただ「暗記だけ」を繰り返したり、社会に出て殆ど役に立たない様なことを教え暗記する様な学校ではなく、人がイキイキと生きれる様な人生で一番大事なことを教えてくれる真の学校”を設立する事が『2つ目の大きな人生をかけた夢!』となりました。

そして同時に血を吐くようなUWFの苦々しい経験から、私たち人間は「争う為に生まれて来た訳はない」「自己主張だけでは何も生まれない」という思いに辿り着かせていただきました。つまり、自我(エゴ)を越えたところにある、真の私たちの生きる目的があるはずだ!その為には「すべてを赦すことが不可欠なのだ」という事を体験し学びました。赦すなんて並大抵な事ではありません。しかしそれでしか心の安らぎは得られないと確信しました。それに応え、それを伝え得る真の学校をつくることが目標となりました。年齢も国籍も関係のない、人間にとって本当に大事な事を身に付ける事ができる様な学びの場をつくることが新しい夢となったのです。

この人生2つ目の大きな夢を叶える為に、まずはその「大切な何かとは何なのか?」を求めて、必死に約25年という間四半世紀以上に渡り一生懸命に学んで来ました。政治も経済もその裏側までをも深く学ばせていただきました。そして真実を求めて行く中で様々な出会いもありました。例えば学ばせて頂いたものの代表例としてはナポレオンヒルから始まり、陽明学や神道系からアドラー心理学。反出生主義や形而上学的理論&非二元論を学び、そして様々な世界各国の哲学者プラトン・ソクラテス、世界三大聖人『イエスキリスト・釈迦・孔子』という偉人の方々からは特に多くの事を深く深く学ばせて頂きました。おすすめの学びの為の自己学習書は『奇跡講座(奇跡のコース:A Course in Miracles)』『神の使者』など。そしてこの度、それらの体験から導き出された“言葉にできない最も大切なこと”を共有したいと思い、やっとたどり着いた場所がここでした。

畏れ多くも「人間の決して汚してはならない尊いものがある。しかし、その尊いものが完全に忘れ去られ、誰も見えなくなり、存在しているという事実さえ失われてしまった。だから、その忘れ去られてしまった人類本来の共通の目的の為に微力ながらも活動をして行きたい。みんなで失ったモノを取り戻す心の旅に出よう!そして迷子になってしまった人類が幻想という夢から目を覚まし、元の場所に戻ろう」という壮大な夢を抱えて一般社団法人 NEW VISIONはスタートするに至った次第です。

「人は何の為に生きるのか?」そして「どこから来て、どこに向かうのか?」をテーマに、今まで私は延べ約一万人以上の方々の前で話しをさせて頂いて来ましたが、人生にとって最も大切なある意味に於いて人知を超えた「真の哲学」についてその集大成となるものです。すべてを赦すという道は険しいものですから、あなたの人生や見方、考え方が根本からひっくり返るような事が起きると思いますが、真実を求めている方々のお手伝いが出来れば幸せでございます。相手を赦す事は、自分をも赦す事。しかしこの考え方には多くの抵抗も感じる事もあるかと思いますが、あなたと共に学び、あなたと共に成長し、そしてあなたと共にその学びを日々の日常と出来る様にして行きたいと心より願っております。長文をお読みくださりありがとうございました。

一般社団法人 NEW VISION 代表理事 神新二