代表理事 神新二メッセージ

代表理事の神新二(じん しんじ)には、子供の頃から持っていた『大きな夢が2つ』ありました。1つは、小さな頃から大好きだったプロレスの会社に入り、プロレスを愛するファンの方々に「大人になっても、プロレスファンだと言い続ける事が出来る様な団体をつくる事」でした。この子供の頃からの夢に向かって、初めて就職した新日本プロレス(株)の時から長年アイディアを組み上げていました。例えば、月一回興行スタイルやメディア戦略等、社会的な認知を得るための戦略を必死の思いでたった一人で悩み抜き、遂に理想とする新しい団体のプランを完成させました。そしてその自ら発案した「新生UWF構想」を前田選手を始めとした選手の皆さんや、ご協力者の方々等にお声掛けすると同時に、そのプランの説明と説得を秘密裏に必死に繰り返してました。そして遂に「株式会社UWF(ユーダブリュエフ)」というプロレス団体を25歳の時に立ち上げ、自ら代表取締役に就任いたしました。

そして26歳の時に後楽園ホールでの旗揚げ後は、日本武道館や大阪球場や東京ドーム等で超満員のイベントを開催したり、有名アーティストの方々に先駆けて日本で史上初のクローズドサーキット(現在で言うところのライブビューイング)を成功させる事も出来ました新生UWFが初めて歴史に名を刻む事ができた時でした。また、レーザー光線などを使った大掛かりな演出や、チケットぴあ等を使ったチケッティングシステムの確立など、プロレスという枠を超える様な素晴らしい体験の数々や社会的ムーブメントとなった事と共に、1つ目のその夢は20代後半までで実現する事が出来ました。

その間、言葉に言い尽くせない様々な事がありましたが、イメージ通りに進んで行くプロジェクトに、とてもワクワクする毎日で何物にも代えがたいとても貴重な体験となり、ファンの方々と創り上げた新生UWFという1つ目の夢は20代の内に実現することができました。この場をお借りしまして、いわゆる「UWF信者」と呼ばれた愛すべき熱狂的なファンの方々の応援に支えて頂いたことを、今でも心から感謝をしています。本当にありがとうございました。そしてUWF解散後私はある意味、人生の目的自体が20代で全て終わってしまった様なそんな感覚に襲われていました。

しかしその29歳の時に、夢はもう1つあった事を思い出したのです。それは一言で言うと「真の学校をつくる」事でした。しかしその学校とは当然、今世間にある既存の学校の事ではありません。例えば、テストの為にただただ「暗記だけ」を繰り返したり、社会に出て殆ど役に立たない様なことを教え暗記する様な学校ではなく、人がイキイキと生きれる様な“人生で一番大事なことを教えてくれる真の学校”を設立する事が『2つ目の大きな人生をかけた夢!』となりました

そしてUWFの経験から、私たち人間は「争う為に生まれて来た訳はない」という思いに辿り着きました。つまり、自我(エゴ)を越えたところにある、真の私たちの生きる目的があるはずだ!それに応え得る真の学校をつくることが目標となりました。年齢も国籍も関係のない、人間にとって本当に大事な事を身に付ける事ができる様な学びの場をつくることが新しい夢となったのです。

この人生2つ目の大きな夢を叶える為に、まずはその「大切な何かとは何なのか?」を求めて、必死に約25年間以上に渡り一生懸命に学んで来ました。政治も経済もその裏側までをも深く学ばせていただきました。そして真実を求めて行く中で様々な出会いもありました。例えば学ばせて頂いたものの代表例としては陽明学や神道系から基礎心理学、応用心理学まで、そして様々な世界各国の哲学、世界三大聖人『イエスキリスト・釈迦・孔子』という偉人の方々からは特に多くの事を深く深く学ばせて頂いております。そしてこの度、その体験から導き出された“大切なこと”を共有したいと思い、やっとたどり着いた場所がここです!

畏れ多くも「人間の決して汚してはならない尊いものがある。しかし、その尊いものが失われようとしています。だから、その忘れ去られてしまった人類本来の共通の目的の為に微力ながらも活動をして行きたい。みんなで失ったモノを取り戻す心の旅に出よう!」という壮大な夢を抱えて一般社団法人 NEW VISIONはスタートするに至った次第です。

今まで延べ約一万人以上の方々の前で、人生にとって最も大切なある意味に於いて人知を超えた「人生哲学」について話しをさせて頂いて来た内容の集大成となるものです。あなたの人生がもっともっと豊かに輝やく為の、そのキッカケとなれる様なお手伝いが出来れば幸せでございます。あなたと共に学び、あなたと共に成長し、そしてあなたと共にその学びを日々の日常と出来る様にして行きたいと心より願っております。

一般社団法人 NEW VISION 代表理事 神新二