あなたが相手を見るように、相手はあなたを見るだろう。

☆ ☆ ☆

あなたが相手を見るように、相手はあなたを見るだろう。

私の大好きな言葉の一つです。

今日は、この言葉の意味を深く考えてみましょう。

誰でも「自分を振り返る時」があると思います。

今まで自分がして来た事を振り返る時間があると思います。

あの人を傷つけてしまったなぁ・・・とか、

あの時、こうすれば良かったなぁ・・・等。

時間が経って、相手の立場にも立てるようにもなったりもしますよね。

きっと相手にも言い分がある筈なのだと。

でも、自分を守ろうとして他人を悪く言ってしまったり、

または、人には好かれたいが、自分からは好きにはなれないとか。

自分はあの人は苦手だが、あの人はどう思っているのだろう?

そんな時には、この言葉を思い出して欲しいのです。

私自身もこの言葉を思い出すようにしています。

「あなたが相手を見るように、相手はあなたを見るだろう」

つまり、自分が相手を見るように、相手も自分を見ているだろうということなのです。

自分が相手を嫌っていたら、きっと相手も自分を嫌っているのだと・・・。

自分が相手の悪口を言っていたら、きっと相手も自分の悪口を言っている。

これって、とってもシンプルですね。

自分の正当性だけを主張していては、喧嘩を繰り返すだけのこと。

でも相手と喧嘩する必要もないことですよね・・・。

出来れば、誰とでも仲良くしていたいものです。

でも私達人間は、自分は嫌いなのは「あいつのせいだ!」と、

すぐに人のせいにします。

ある意味、絶対に自分は悪くない病にかかっています。

頑固なまでに、自分からは動きません。

動かざること山の如し・・・武田信玄か!?(笑)

仲良くなりたかったら、自分の心を動かすことですよね。

でも自分の心を動かさずに、相手に動かせ!というのが人間・・・。

何とも私達人間は傲慢なのでしょう・・・。

これでは心の平安は訪れませんよね・・・。

上の写真の赤ちゃんの様に、理屈なしに誰でも赤ん坊には微笑みかけます。

電車の中でも、エレベーターの中でも、屈託のない赤ちゃんの微笑みに・・・。

微笑みだけが、微笑みを生みます。

まさに、鏡の世界ですね。

何があっても、相手ではないのです。

相手に何かをされた様に感じても、自分なのです。

『自分がどう生きるのか?』だけなのです。

いつでも、たったこれだけなのです。

カッときたら、ムカッときたら、この言葉を思い出してみましょう。

『あなたが相手を見るように、相手はあなたを見るだろう』

とても深い言葉です。

愛するあなたに捧げます。

ヴィジョン / Vision
▼記事更新の応援クリックをお願いします▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
☆ ☆ ☆

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。