相手を認める、自分も認める

YES 肯定

☆ ☆ ☆

わたしにはここが足りない、わたしはこれができない、あれもできないと、自分を責めることをしないこと。

自分を責める必要は一切ないのです。

もし、私にはここが足りないと思えば、足らそうと努力を始めれば良いのです。

もし、私にはこれができないと思うのであれば、出来るように努力を始めれば良いのです。

もし、私にはあれもできないと思うのであれば、出来るように努力を始めれば良いのです。

そうすれば、自ずと自分を責める必要はなくなってしまいませんか?

自分を責める時間があるのならば、自分を磨く時間に使いましょう。

言い訳を考えたりする時間は勿体ないです。

言い訳は、何も生みません。

生むのは「嫌な自分」だけです・・・。

同じように、他人のせいにする時間は勿体ないです。

他人のせいにすることでは、何も生まれません。

生まれるのは「自分を嫌いになる」という事だけなのです・・・。

自分を認めてあげましょう。

認めてあげる事が出来る自分になりましょう。

そして、これは相手に対しても全く同じ事なのです。

嫌いな人がいたら、その人の良いところを探しましょう。

嫌いな人の嫌なところは、いくらでも見つかりますよね。

でも、それでは人を陥れているのと同じ事。

悪口には限度というものがないからです。

そして最後には、そんな自分が嫌いになるのです。

いくら自分を正当化しようとしても、悪口は自分をも傷つけるからです。

相手を認めましょう。

自分の事も認めましょう。

簡単なことではありません。

しかし、それは『心が晴れる』ことだという事をあなたは知っているはず。

ならば、それが出来る人になる努力をしませんか?

大変な道のりですが、それが答えなのです。

ならば、今から、今日から、その努力を始めませんか?

「NO!」という人生は疲れるものです。

否定する人生は、精神的にも辛くなります。

「YES!」という人生は心が晴れていきます。

肯定する人生は、心の影も消えていきます。

相手も自分も認めましょう。

相手も自分も責めるのは終わりにしましょう。

そして、最後には赦しましょう。

私たちは、赦すために生まれて来たのですから。

ヴィジョン / Vision
▼記事更新の応援クリックをお願いします▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
☆ ☆ ☆

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。