あなたは「強さと弱さ」を、勘違いしていませんか?

★ ★ ★

あなたは「強さと弱さ」を、勘違いしていないだろうか?今回はこの「強さと弱さ」というテーマについて観ていきたいと思います。さて、あなたにとって「強い人」とは、一体どんな人の事を言うだろうか?はたまた、あなたにとって「弱い人」とは、どんな人の事を言いますか?そして最も大事な事ですが、あなたはそもそも『どんな人』を目指しているのだろうか?

ではまず「弱い人」の方から観ていきたいと思います。まずはヴィジョンが思う弱いと思う人を思い付くままに書いていきますね。あなたの心のフックに引っかかる事はあるでしょうか?「カッコつける人・強がる人・自分の弱さを認めない人・他人のせいにする人・決して謝らない人・ありがとうと言えない人・イキガル人・間違いを認めない人・まるで脅迫するかのように押しが強い人・相手の痛みが分からない人・威圧するかのように生きている人・愛が無い人・・・」。

何か無限に弱い人が出て来ますね(笑) 実は弱い人は、基本強く見せようとします。なぜなら・・・それはその人は弱い人だからです(爆) 強い人は強がる必要がありませんし、そもそも持っている強弱の物差し自体が違います。だから心の強い人は、威嚇も威圧も虚勢も一切自分を偽る様な事は必要ではないのです。

では、ここからは「強い人」を観ていきましょう。「いつも笑顔でいる人」「柔和な人」「いつどんな時でも、心が平安を保っている事が出来る人」「その人と一緒にいると、心が温かくなるような人」「間違いを認め、謝る事が出来る人」「一歩下がり、全体を見渡す事が出来る人」「感謝出来、愛に溢れている人・・・」。

つまり「強い人」とは、心を鍛えて来た人の事であり、心のトレーニングを積んで来た人という事になるのです。様々な体験から他人の気持ちが分かり、心の平安を保つことが出来る様になった人という事です。一朝一夕でなった訳ではないのです。反対に「弱い人」がつい強がってしまうのは、心の内側にいつも「恐怖」を抱えているからなのです。自らの内にある、その恐怖を認め、そんな自分を許してあげる事が出来ない限り、いつも何かと誰かと戦う不安で心が落ち着かないな人生となってしまうのです・・・。さて、あなたは『どんな人』を目指していますか!?

ヴィジョン / Vision
▼記事更新の応援クリックをお願いします▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

関連記事

  1. トシ

    ヴィジョンさんが思われる「弱い人」とは!どの様な人なのか?
    読ませて頂いて私の心のフックに幾つも引っ掛かりました。

    読ませて頂きながら何時も自分を強く見せようと虚勢を張っている
    最近の自分の姿が浮かんで来て恥ずかしくなりました。

    仕事中に失敗して「あっやってしまった!」となっても、
    それを素直に認められず周りを上から威圧する様な態度をとったり、
    舐められない様にと粋がったりして、
    周りから観れば今の私は典型的な嫌な上司になっていると思います。

    本当はビビりで弱いのに、それが周りにバレるのが怖くて、
    ついつい、カッコつけたり虚勢を張ったりしてしまいます。

    今、冷静になってみると自分の弱さを認めずに強がっている人って、
    もし腕力が強くて喧嘩が強くてたって凄くカッコ悪いと思いました。

    そんなカッコ悪い人ではなくて、
    私も自分の弱さを認め謝ることが出来て、
    何時でも笑っていられる強い人に成りたいし目指したいです。

    これからは虚勢を張ろうとする自分、カッコつける自分に、
    「またカッコ悪いことやってるぞ!それで良いのか?」と
    一度立ち止まって自分に聞くことを始めてみます。

    虚勢を張らずに素直に頭を下げれる強い人を目指します。

    自分の弱さに気付かせて頂いてありがとうございました。

    • Vision

      トシさん、コメントありがとうございます♪

      >ヴィジョンさんが思われる「弱い人」とは!どの様な人なのか?
      >読ませて頂いて私の心のフックに幾つも引っ掛かりました。

      ●幾つもフックに引っかかりましたか(笑)
      「大漁ですね!」
      大漁旗を用意しないといけませんね(^_^;)
      しっかりと、のど元まで食い込んでますか!?
      気付きが浅いと、フックも浅く、また直ぐにバレテしまいますからね(^^ゞ


      >これからは虚勢を張ろうとする自分、カッコつける自分に、
      >「またカッコ悪いことやってるぞ!それで良いのか?」と
      >一度立ち止まって自分に聞くことを始めてみます。

      ●そうですよ。
      そうなのです。
      自覚なく癖で動き回っているのは、
      まるでゾンビが服着て歩いてるみたいなものです。
      いつでも『今の選択!』です。
      自我というエゴを選んで生きるのか?
      それとも、神様への道を歩むのか?
      ただ、その2択なのです。
      いつでも2択です!
      忘れない様にして下さいね。
      ※大サービスのコメント返しでした^^。

      ヴィジョン

      • トシ

        ヴィジョンさん、お返事を頂きまして、ありがとうございます。

        今回書き出して頂きましたヴィジョンさんの思われる「弱い人」!
        私の心に幾つもと言いますか略、全てが引っ掛かっている状態でした。

        ここ数日も自覚なく癖に振り回されてブレーキが効かない時がありました。

        今、自我と言うエゴを選んで生きるのか?神様への道を歩むのか?
        いつでも2択だと言う凄いことを教えて頂いてありがとうございます。

        感情的に威圧的になったり、自分を正当化しようとしたり、
        瞬時に出て来る癖を直すのは簡単ではないと思いますが、
        その癖に振り回されるゾンビではなくて神様の道を歩む人を目指します。

        ありがとうございました。

  2. ロイ

    「強い人」と言いますと、体が強く力があって、どんな相手にも屈しない人を
    イメージしておりました。
    「弱い人」は体も意志も弱く、すぐに相手の意見に合わせてしまう人をイメージ
    しておりました。
    記事を読ませてもらい、「強い人」と「弱い人」の特徴を、自分に当てはめて
    みますと「弱い人」の特徴はほとんど合致しておりましたが、
    「強い人」の特徴は全く持ち合わせていない事に気づきました。
    私は人前で自分の弱さが露呈するのが怖くて、いつもビクビクしており、
    その為、つい虚勢を張ったりしておりました。
    周りにいる方、特に自分が虚勢を張りたい相手には、そこがバレているので、
    私の姿がとても滑稽に感じていると思います。

    「強い人」とは心のトレーニングを積んできた人で、いろんな経験を通して
    他人の気持ちがわかり、いつも心に平安を保つ事が出来るようになった人と
    教えてもらい、なるほどと思いました。
    私がイメージしていた、「強い人」は虚勢が通用する相手にだけ強くて、本当に
    「強い人」が相手だと、ボロがでて、何も出来ないし、いざと言う時は
    まるで役に立たなそうだなと思いました。

    いつも何かと、誰かと戦う不安で、心が落ち着かない人生って、まさにいまの自分
    の人生だと思いました。
    私は、まずは自分の心に「恐怖」を抱き続けている事を認めて、そんな自分を許す事
    から始めたいと思います。
    自分は何を恐れているのか?なぜ恐れているのか?よく自分を見つめ直して
    虚勢を張ることなく、自分を偽らない人を目指していきたいと思います。

    私が「強さと弱さ」を勘違いしていたことに気づかせていただきました。
    とても良い記事を読ませていただき、ありがとうございました。

    • Vision

      ロイさん、コメントありがとうございます♪

      >「強い人」と言いますと、体が強く力があって、どんな相手にも屈しない人を
      イメージしておりました。
      >「弱い人」は体も意志も弱く、すぐに相手の意見に合わせてしまう人をイメージ
      しておりました。

      ロイさん、よく聴いて欲しい・・・。
      目に見えるものに心が囚われすぎています。
      目に見えるものは、目に観えないものから出来ているのです。
      よって、まず第一に観るべき事とは目に観えないものなのです。

      目に見えるものだけを見るのが「子供」。
      目に観えないものも観る力が持ち合わせている人が「大人」です。

      目に観えないものを観れる様になるように、
      自分自身を鍛えていかなければなりません。
      そうしないと、押しの強い人にいつまでもビビりまくって、
      ビビり君を卒業できませんよ(笑)

      ヴィジョン

      • ロイ

        ヴィジョンさん、お返事ありがとうございます。
        私が目に見えるものに心が囚われすぎとは、
        自分の事ながら、気が付いておりませんでした。
        やはり自分の事はよく見えてないし、見ようとも
        しておりませんでした。
        目に観えないものを観れるようになるように
        自分自身を鍛えていきたいと思います。
        その為にも、イメージする力や、相手の気持ち
        になってものを考えるトレーニングが必要だと
        感じました。
        私は、押しの強い人が苦手で、横にいても何も
        話せず、言われるがままになる事ばかりです。
        いかなる相手にも、自分を偽らなくても良い様に
        なって、びびりを卒業したいと思います。
        自分がどうしても気が付けないところを教えて
        いただき、ありがとうございました。

  3. ガラスの林檎

    先日ちょうど家庭の出来事で、
    旦那さんがお義父さんとちょっとしたもめ事があった翌日、
    お義父さんが、「間違いを認めて謝ってきた。」という事がありました。
    その時、お義父さんは強い人だな、
    私も、自分の間違いを認めて素直に謝れるような人になりたい、
    と思った出来事があったばかりでした。

    ヴィジョンさんが思う「弱い人」、
    何個も自分の心に引っかかる項目がありました。
    「強い人」ならば、威圧したり虚勢を張ったりする必要がない、
    と読んで、本当にその通りだと納得しました。

    逆に、「強い人」を読ませて頂いて、
    本当にカッコイイ人だな、と思いました。
    一朝一夕に強い人になった訳ではない、という文章がとても心に残りました。
    自分を認め許し、心のトレーニングを積んだ人が成れる、
    という事を忘れずに、
    本当の意味での「強い人」を目指したいと思います。

    • Vision

      ガラスの林檎さん、コメントありがとうございます♪

      >本当の意味での「強い人」を目指したいと思います。

      「目指したいと思う人」は、きっと10年経っても
      ひたすらに思っているだけだと思いますよ(笑)

      本当に【やる人】は、きっとこう言います。

      『目指します』

      やる人は目指したいとか遠回りな事は言いませんよ。
      目指したいと聴くと、ヴィジョンにはこう聴こえています。
      「目指しません!」と・・・(笑)

      シンプルです。
      何事もシンプルなのです。

      ヴィジョン