あなたは一体、誰なのか?

★ ★ ★

あなたは、クリスマスとは何の日か?ご存知でしょうか?よく、キリストさんの生まれた日等と言う人がいますが実は違います。クリスマスChristmas)とは「キリストのミサ」という意味で、イエスキリストの降誕祭。あくまでキリストの誕生を祝う日であって、イエス・キリストの誕生日ではありません。

そしてイエスキリストと言えば、写真のように磔になって死んだと言われています。しかし、その磔になった真の意味を知る人は少ない。磔になって死ぬことによりキリストは我々に『あるメッセージ』を残したからです。そのメッセージとは『人間は体では無い!あなたは身体ではない!』という大事なメッセージを伝える為だったのです。つまり肉体を離れるだけであって、あなたそのものは死なないし、あなたは自由であるという大事なメッセージを残すために敢えて磔になったのです。

是非クリスマスのこの時、静寂な時間の中で、自分に尋ねてみて下さい。「私は一体、誰なのか?」と・・・。あなたはきっと心の奥底で思っている筈です。「本当の自分に出会いたい」と・・・。そして「自分は本当は誰なのか?」を知りたいと・・・。2020年という大事な年を、あと数日で迎えようとしているこのクリスマスの日、忙しい時だと思います短い時間でも構わないので、是非自分一人の時間を設けて、自分に聴いてみて下さい。そして「私は自由なのだと!」と・・・。

ヴィジョン / Vision
▼記事更新の応援クリックをお願いします▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

関連記事

  1. みかん

    キリストが磔になった真の意味を、教えて頂いてありがとうございます。
    『人間は身体では無い!あなたは身体ではない!』。
    つまり「あなたそのものは死なないし、あなたは自由である」という事。。
    深い深いメッセージが込められていたのですね。

    私は今年の春に乳癌ステージ4ということが分かり、「死ぬ」という事を意識するようになりました。
    「死の時まで精一杯生きよう」と前向きな気持ちの時もあれば、「死んでしまったら自分の存在が消えてしまう」と
    底知れない不安に襲われる時もあります。

    身体を離れても存在は有り続けるのなら、この世界に人間の形をしてちょっとお客に来ているようなものなのかもしれないと思いました。
    誰かにどう思われるかを気にしたりするのはとても些細な事で、もっと「自由」に、
    思いのままに生きて良い気がしてきました。
    死ぬ事に対して、違う視点から見ることができそうです。
    ありがとうございます。

  2. ハルト

    私は、これまでクリスマスはキリストの誕生日だと思っていました。
    そしてキリストが磔になったことの本当の意味も全く知りませんでした本当の意味を教えて頂いてありがとうございます。

    これまでキリストが磔になる前に十字架を背負わされ鞭で打たれたりする場面を映像などで観たことがありました。

    その時は、なんて惨いことをするんだとか磔にされる時にキリストはどれだけ悔しかっただろうと思っていましたが、
    今回の記事でキリストが私たちに「人間は身体ではない」こと「私達は自由である」ことのメッセージを残す為に、
    敢えて磔になられたことを教えて頂いてキリストが磔になった時に「悔しかっただろう」とか、
    そんな浅い観方しかしていなかったことが何か凄く申し訳ない気持ちになりました。

    この様なメッセージを残す為に磔になること想像を絶する壮絶なことだったと感じさせて頂いております。

    今、改めてブログ記事のキリストの絵を観せて頂くと「本当のあなたは自由なんだよ」と言って下さっている様な気がしました。

    そして今の自分は磔になっている訳でもなく自由に動くことが出来ているのに不自由を感じたりするのは、
    自分は身体だと言う思い込みで心まで縛っているからだと思いました。

    これまで自分の思い込みや人間的な価値観で「本当の自分」「自由な自分」まで縛り付けていたんだと感じています。

    これからは思い込みを捨てることを意識して自分は身体ではないと言う新しい価値観で日々を過ごさせて頂きます。

    この様な大切なことを教えて頂いてありがとうございました。

  3. コスモ

    こんにちは。
    キリストが磔になって死ぬことにより残してくれた、
    『人間は体では無い!あなたは身体ではない!』という
    メッセージを教えて頂いて、ありがとうございます。

    普段、この体で今存在している自分が自分としか考えずに、
    私は体では無いと思って過ごしている事は、ほとんど無いです。
    そして肉体を離れても死なないという、
    本当の自分は一体誰なのか?考えてみた事もありません。
    私は体では無いんだ、と思うと何だか不思議な感覚になると同時に、
    いつも私は目に観える物事だけに一喜一憂し、
    目に映っている出来事だけに振り回されるように過ごしているな…
    という事を思いました。

    私は本当は体ではなく、自由なのだと感じたら、
    もっともっと大らかに好きな事ややりたい事を
    楽しんでもいいのだと思えるし、
    些細な事で、イライラしたり悩んでいる自分が、
    なんだか滑稽に思えてきました。