好きな事が出来るという幸せ!

好きな事をやりましょう。唐突に思うかもしれませんがとっても大事なことなのです。なぜなら嫌いな事は体だけでなく心をも壊すからです。嫌な事、嫌いな事を我慢することほど体も心も不自由な事はありません。嫌な事は嫌いな事な訳ですから、当然やる気も創造性も失われてしまいます。スタート地点から負け戦。でも好きな事をしている時はアイディアが自然と溢れてくるものです。

しかし好きな事をしようとしたとしても、そんなあなたを「邪魔する人」がいるのです。それは世の中でも、会社でも、友人でも誰でもありません。それは自分自身なのです。好きな事だけをやって良いのだろうか?とか、好きな事をやって食って行けるはずがない等と心がブレーキかけて、あなたを邪魔するのです。ブレーキを踏んでいるのは実は自分自身だったりしてはいませんでしょうか?

しかしある意味、全ては自分自身の選択の結果ですから、いつでも誰でも今まで好きな事しかして来なかったとなるのですが、抑圧されて来た!とか本当はこれはしなくなかった事だった!等という思いがあると、心に矛盾を生んでしまうのです。いつでも何であっても自分が選択をして来た結果だという潔さを持ち合わせていない人が多いのも事実なのです。誰かのせいにすると一見楽ちんですからね…。

好きな事をやろうとする時に周りは反対する事が多いものです。でも外野は無責任なものでそんな事は出来っこない等と必ず言うものなのです。しかし成功すると一変して、実は応援していた等と言いだしたりします(^^; でも問題が起きたりするとやっぱりな!などと言う…。もう滅茶苦茶なものです。外野はいつでも身勝手でいい加減なものなのですから気にしないで行きましょう(笑)

だから自分で決めるのです。やりたい事があれば、それは絶対にやるべきです。年齢も性別も一切関係ないのです。本気でやりたい事をやらせて頂く体験程最高なものはないのですから。やりたい事をする時は腹をくくるものです。当然誰のせいにしても意味がないという事も知っているからです。こんなに清々しい生き方はありません。やりたい事ですから死ぬほど努力もするものなのです。やりたくてやっていますからアイディアもどんどんと湧いてきます!好きな事をやっているだけで幸せですから、成功も失敗も幸せな事なのです。成功も失敗も問題ではないのです。こればっかりは実際にやった者しか分からない。

そして実は人間が年を取って「一番後悔している事」は何ですか?と聞くと、いつでも一番になるのがこれなのです。「好きな事をやれば良かった」「勇気を出して行動すれば良かった」「変に我慢しなければ良かった」「自分を大事にすれば良かった」等、これが一番後悔する事なのだそうです。死ぬ前に一番思う事がこの事…。ですから是非勇気を出して一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?私自身は子供の頃から好きな事しかして来なかったという自覚がありますので後悔は一切ありません(笑)誰のせいにもしない生き方…それは清々しいものです♪

ヴィジョン / Vision
▼記事更新の応援クリックをお願いします▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
☆ ☆ ☆

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。