「面倒な事こそ、先にやった方が良い」理由とは?

今!やろう

☆ ☆ ☆

私は昔から、ずっと自分に言い聞かせて来た事があります。それは「面倒な事こそ、先にやろう!」という事です。でも、面倒な事は誰でも直ぐにはやりたくありませんよね。分かります。嫌なことは、後回しにしたいですよね。それも分かります。でも後回しにしてきた結果「これじゃダメだ!」となった訳なのです。という訳で今回は、この「面倒くさいこと」について観てきましょう。

面倒な事、嫌な事、忘れてしまいたいくらいにやりたくない事があったとします。しかし、それらは「やらなければならない事」でもあるのです。そうですよね。残念ながら「いずれ必ず!やらなければならない」のです。たとえそれが「どんなに嫌なこと」であっても、やらなければならないのです。ここが実はキーポイント!なのです。

つまり、いずれやらなければならないという事をあなたも理解しているのです。しかしやりたくない・・・。だから後回しにしてしまう。後回しにしてしまうから「心が落ち着かない」。だって、必ずやらなければならない事を自分が誰よりも知っているからなのです。私はこの悶々とした時間がとっても嫌!なのです。

このやっていないという時間を悶々と気になって過ごす事よりも、やりたくない事であっても「先にやってしまう事」の方が精神的に良いことを体験上知っているからなのです。だから嫌な事ほど先にやろう!となる訳なのです。大変な事や苦手な事であればある程、逆にやった時の達成感は大きいのです。

そして、先に苦手な事を済ませた後の幸福感と共に時間を過ごすことが出来る訳なのです。期限ぎりぎりまで苦手なここはやりたくない気持ちも分かりますが、悶々とした時間を期限いっぱいまで過ごす事の方が自分らしくないと思うのです。自分らしくありたい!という思いが、この時間の使い方にも表れるという訳なのです。やってない事を心配して生きる時間が嫌なのです。これこそが自由に生きる事に繋がるのではないでしょうか?どうですか?

ヴィジョン / Vision
▼記事更新の応援クリックをお願いします▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
☆ ☆ ☆

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。