外に見えるものは、内にあるものとイコール!

☆ ☆ ☆

外に見えるものは、内にあるものとイコール!

外とは、あなたを取り巻く環境のこと。

あなたを取り巻くとは、見えるもの感じるもの全てのこと。

内にあるものとは、あなた自身の心のこと。

つまり外に見えるものは、あなたの心が映し出したもの。

外=内。

内=外。

あなたの心が、この世界を作り出してきたのです。

特にあなたが気になるもの、気になる人は、間違いなく写しなのです。

人は同じものを見ても、心に残るものは違います。

感じ方も十人十色ですよね。

それは、あなたの写しのままに感じるからです。

だから、一人一人同じものを見ている様で実は違うものを見ているのです。

形は同じように見えても、感じ方が全く違ったりしますよね。

AさんはBさんにイライラするが、Cさんは特に気にならない事がありますよね。

それは、AさんにとってBさんのイライラするところが自分の鏡だからです。

Cさんにとっては、Bさんのその部分はスルー出来るものですから写しではないのです。

このように、世界は一つではないのです。

にんげんの数だけ、違った世界が存在しているのです。

これを日常に当てはめてみましょう。

あなたがイライラしている時、もっとイライラする事が起きたりしませんか?

イライラが連続し、叫びたくなったりしませんか?

「あ~~~!今日はついてない!!」って・・・。

それって・・・どうだと思いますか?

今日がついていないのではないのです。

あなたのイライラが、新しいイライラを連れてきているだけなのです。

そしてもっとイライラして、叫び狂っているだけのこと。

ある意味・・・滑稽な姿ですよね。

自分が自分をピンチに陥れているのに、それには気付けない。

気付けないどころが、そのイライラを周りのせいにする。

そして周りに当たり散らす・・・。

いやはや何とも自虐的と言えば自虐的過ぎますよね。

私たちは他人にせいにしている内は、まだまだな状態なのです。

自分の写しだと感じられて、初めて大人への第一歩を踏み始めた感じです。

そして自分の心を変えていく努力をして、そこで初めて大人への階段を上り始めた段階なのです。

外にあるものは、内にあるものとイコールなのです。

内にあるものが、外に映し出されているだけなのです。

この世界を学びの場とするのか?

それとも、怒りの場とするのか?

はたまた、アキラメの場とするのか?

それは、あなた次第なのです。

ヴィジョン / Vision
▼記事更新の応援クリックをお願いします▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
☆ ☆ ☆

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。