体が病気になるのではありません。

病気とは

体が病気になるのではありません。

少し衝撃的なタイトルになってしまいましたが、これが真実。

実は『体自体は意志を持ち合わせていない』からです。

体は、ニュートラルな存在なのです。

体がこうしよう、あぁしようとしてはいないからです。

つまり『あなたは肉体ではない!』という事なのです。

では、私たちはどんな存在なのでしょうか?

それは、私たちは『心の存在』なのです。

私たちは心であって、肉体ではないのです。

ですから、体自体が病気になるのではないのです。

体は自分では病気になれないのです。

体はニュートラルな存在だからです。

体が病気になったように見えるのは、それは結果に過ぎないのです。

病気が結果ならば、どこかに原因がある筈です。

病気をつくりだした原因です。

それが心なのです。

肉体は、心に従うように出来ているのです。

なぜならば、先ほども書いたように肉体自身には意志はないからです。

頭を柔らかくして聞いて欲しいのです。

今までの固定観念を全て脇に一旦置いておいて、聞いて頂きたいのです。

混乱したら、最初からゆっくりと一行づつ読んで頂きたいのです。

それでは、続けさせていただきますね。

体に意志はありません。

体は何かからの指令により動いているのです。

それが、心です。

ですから、体は心に従うのです。

誰の心でしょうか?

それは、あなたの心にあなたの体が従うのです。

私たちの心が全ての原因なのです。

ここに一切の偶然はありません。

嬉しいことも、悲しいことも、その全ては私たちの心が決めているからです。

心が原因で、病気は結果。健康も結果。

心が病気になるかどうかを決めているのです。

という事は、病気の時には心を見直すだけのことです。

病気の治療も大事ですが、もっと大事な事があります。

それが心の治療です。

心を癒すことです。

心を変えていく事です。

正しい心を選択するのか?

間違った心を選択するのか?

今、あなたが決めるのです。

ただそれだけの事なのです。

だから治療だけをしていては、また繰り返すだけなのです。

でもここで注意点はあります。

それは、自分を責めないということです。

なぜならば、この世は教室です。

教室とは、学びの場のことです。

初めて学ぶ授業は難しいものですよね。

出来ないからと言って、自分を責める必要はありません。

なぜならば、初めて学ぶ内容だからです。

初めて学ぶことは、難しく身に付けるまで時間がかかります。

これが病気から学ぶことなのです。

あなたがどんな生き方を選択するのか?という教室です。

あなたの生き方がいつも問われているという事なのです。

どんな心で生きるのか?

どんな選択をして生きるのか?

いつでも自分自身に問われているのです。

これが、病気の正体なのです。

これが本当の事。

これが真実だったのです。

ヴィジョン / Vision
▼記事更新の応援クリックをお願いします▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。