教えるという事は、手本を示すこと!

教えるという事は、手本を示すこと!

教えることは、押し付けることとは違います。

無理やり頭ごなしに押し付けて、言いきかすこととも違います。

あなたは、きちんと「教える」という事ができているでしょうか?

教えるとは、なにも先生という立場の人だけのことではありません。

会社で「上司が部下に教える」とは、どういうことなのでしょうか?

それは、上司が部下に手本を示すということなのです。

家族で「親が子に教える」とは、どういうことなのでしょうか?

それは、親が子に手本を示すということなのです。

「先輩が後輩に教える」とは、どういうことなのでしょうか?

それは、先輩が後輩に手本を示すということなのです。

教えることがダメなのではないのです。

手本を示さずに、口だけだとダメだということなのです。

偉そうにしているだけではダメなのです。

こう書くと当たり前のことの様に感じますよね。

しかし、本当に手本を示してくれている方はどのくらい居るでしょうか?

あなたは、教えられていますか?

イコール=あなたは手本を示していますでしょうか?

家族に対してはどうですか?

部下に対してはどうですか?

後輩に対してはどうですか?

友人に対してはどうですか?

いつでも省みるのは自分自身です。

他人の粗を探しても意味はありません。

他人の粗を探している時点で、手本を示す事に失敗していますよね。

ですから、教えるとは上から目線では決して叶わない事なのです。

教えるとは、とても謙虚なことなのです。

偉そうにした時点でアウト!です。

なぜならば、偉そうにした時点で手本を示せていないからです。

そして教えるという事は、実は教わる事でもあります。

教えることは、学ぶことだからです。

実は教える方が、沢山のことを学んでいるのです。

教えるとは手本を示そうとします。

手本を示す努力をすることによって、多くの事を学べるからです。

手本を示さずに口だけの人は、学ぶことができないのです。

そんな先生についた生徒さんたちも悲劇ですよね・・・。

他人はよく見ているものです。

何も言わずに手本を示している事も見ています。

子供であっても、親の姿をしっかりと見ているものです。

背中で語るとはよく言ったもので、本当にその通りですよね。

さて、あなたはどうですか?

手本を示す事が出来ているでしょうか?

背中で語る事は出来ているでしょうか?

どうぞ、自分を責めることなく自分に聞いてみて欲しいのです。

他人ではなくて、自分自身を見て欲しいのです。

どうですか?

自分が自分に対しても手本を示す事が出来ますように・・・。

ヴィジョン / Vision
▼記事更新の応援クリックをお願いします▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。