人生とは「心の学園」という学びの場でした。

☆ ☆ ☆

人生とは、一体何の為にあるのだろうか?

私たちは、一体何の為に生まれて来たのだろうか?

私は、子供の頃から知りたかった。

しかし誰も教えてはくれなかった。

いや正確には、誰も知らなかった・・・。

でも遂に人生の真の意味を見つけ、心底納得した。

人生とは「学びの場」だったのです。

人生とは学びの為の「心の学園」だったのです。

私たちは、何の為に生まれて来たのか?

それは、学びの為でした。

私たちは、何の為に生きるのか?

それは、学びの為に生きるのです。

さて、この学びの為の「心の学園」

あなたは進級出来そうですか?卒業出来そうですか?

もしくは・・・まさかの留年でしょうか?えっ!?

今までの人生を振り返ってみて、どうでしょうか?

「心の学園」と一言で言っても、実は多くの学校があるらしい。

例えば保育園や幼稚園から始まり、小学校、中学校、高校、大学、大学院という様に。

まさしく地球まるごと心の学校だったのです。

全人類、この心の学園に在籍していたのです。

しかし、ここで私は不思議な気持ちになりました。

それは、ではなぜ私たちは生まれて来た訳も、生きる意味も知らないのか?という事。

例えば旅人が旅に出て、ニューヨークにいたとします。

その旅人が「なぜ、私は今、ニューヨークにいるのか?」と言ったらどうなるの?

直ぐに病院に運ばれるレベルですよね・・・。

もしくは電車に乗っていて「私はどうして電車に乗っているの!?誰か教えて!」

隣の人に聞いている状態・・・怖いです。

これって、ヤバくないですか!?

どうも、私達・・・こんな感じで今、生きているという事になるのです・・・。

どうしましょう・・・。

私たちは、人生という夢を見ているのだろうか?

夢遊病者なの!?

映画のマトリックスの世界って・・・本当の事なんじゃないのか?

そして、その人生とは自分が作り出していた・・・。

そして、今なぜここにいるのか?

そんな存在理由も分からない私達人類は・・・きっと全員幼稚園児ですよね・・・。

だって自分が誰なのかさえ知らないのですから。

きっと、まだオムツも取れてないですよね・・・。

だって、なぜ生きるのかさえ知らないのだから・・・。

全人類「私は誰?ここは、どこ?」状態なのですから。

笑えません。

でもこの様に客観的に思える謙虚さこそが、次の扉を開ける鍵なのです。

傲慢な私たちは、まだまだ学ぶという心構えにさえも達してはいませんでした。

それどころか反対に「自己主張だけ」は上手になってしまいましたね・・・。

謙虚な心にこそ、神が宿るのです。

傲慢な心には、エゴの神?が宿るのです。

さぁ、選ぶのはあなたです。

どちらの人生を生きたいですか?

選択権は、あなたにあります。

そこから、新しい人生が始まるのです。

今、選択出来るのです。

ヴィジョン / Vision
▼記事更新の応援クリックをお願いします▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
☆ ☆ ☆


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。