この世界は、あなたの心が映し出す、ホログラフだった!?

★ ★ ★

この世界は、あなたの心が映し出す、ホログラフだった!?

こんな事を言ったら「あんた何を言っているの!?」「この世は自分の映しだって!?バカバカしい!」「自分の心の映しが、この世だって!?非常識だ!」と言われてしまいますよね。しかし、この世の「常識」は時代と共に変化するのをご存じだろうか?どうして「常識」が変わるのだろうか?その時に常識だと思ったことは、時間が経つと「非常識」になったりするのはなぜなの?それこそが非常識じゃないの?ってヴィジョンは思うのです(笑) 例えばこれ↓

昔の人は地球がまるいと知らなかった?

14世紀になり、ヨーロッパ人が世界中の海を航海する「大航海時代」を迎えていました。その時に新しい航路や大陸を発見する中で、「地球が丸い球形の天体であることを初めて知った!」のです。これって、今では当たり前の事で小さな子供でも知っていますよね。しかし当時は地球が丸いと言ったら、頭がおかしい人であり、とっても「非常識」な事だったのです。

そして太陽や星が、地球のまわりをまわっていると信じていたのです。

太陽のまわりを地球や他の惑星がまわっていると言ったのは、コペルニクスという学者が最初だったのだけれども、でも当時は、地球がまわっているなんて、誰も信じなかったのです。人間は、いつでも自分が中心だと思いがちなのです。天動説と地動説、これってどっちが常識?非常識?なの(笑)

そして、故ホーキング博士は「宇宙はホログラム」だと言ったのです!

ホーキング博士は、おそらく宇宙がホログラムであると考えられる可能性が高いとう見解を示していたのです。いわゆる“ホログラフィック理論 (holographic theory) ”は、宇宙の3次元像は錯覚とみなされるべきであり、すべての情報が実際には2次元の表面から投影されたものであるとしている。この世は錯覚ですよ!?錯覚!(笑)

つまり宇宙の“実相”は2次元であるとホーキング博士は考えていたことになる。ホーキング博士のファイナルメッセージは「宇宙はホログラムだ」ということになるのです。そしてギリシャの哲学者プラトンも、こんな事を言っている。

プラトン「洞窟の比喩」から思う人類の姿とは?

ギリシャの哲学者プラトンは紀元前400年頃に古代ギリシアに住んでいました。ソクラテスの弟子にして、アリストテレスの師に当たる人です。

そのプラトンが言う「洞窟の比喩」によれば、洞窟は鎖でつながれた奴隷に占領されており、彼らは内壁に面しており、洞窟の外を見ることができません。それらの背後には火があり、それによって外の生命が壁に反映されます。その結果、奴隷は壁に映る現実のすべての形や輪郭しか見ることができません。ある奴隷がいつか逃げて外に出ると、彼は現実の植物や動物、その他すべての世界を見るでしょう。彼が洞窟に再び入り、仲間の奴隷を啓発することを決めた場合、彼のメッセージは奴隷の現実に対する厳しい見解を脅かす可能性があるため、彼は命を危険にさらす可能性があります。下記の動画も参考にして下さい。(6分10秒)

つまり、洞窟の比喩とは「縛られて壁に向き合った奴隷である人々は、影だけを見てそれを実体だと思い込んでいる」というものです。これはある意味、現代社会を揶揄した比喩とも受け止める事が出来ます。国家=為政者が影を見せて、国民=奴隷はそれを鵜呑みにして信じているという構図です。

この洞窟に住む縛られた奴隷の人々が見ているのは「影」であるが、それを「実体」だと思い込んでいる。同じように、われわれが現実に見ていると思っているものは、支配者たちが映し出す「影」の様なものに過ぎないとプラトンは考えたのだが、ヴィジョンはこのプラトンの示唆とは少し違った解釈に辿り着かせて頂いたのです。

実は、この見えている影(世の中)は、権力者が見せているものではなくて実は『自分自身の心の映しだった!』のです

この世は「影」が映し出されたものですから「夢の中」の出来事の様なものでもあるのです。映画館で映画を観ているようなものなのです。スクリーンに映ったものを立体的に感じているだけなのです。そして私達の心の状態が、自分の人生というスクリーンに映し出していたのです。つまり自分の心が、この世界を生み出しているとも言う事が出来るのです。ですから、あなたの心を変えた時、あなたを取りまく全てが変わる!のです。つまり映画館でフィルムを変えたら、違う映画が始まるという当たり前の事が起きるのです。本当の事です。

ですから、あなたが目覚める必要があるのです。目覚める事で、真実が初めて観えて来ます。つまり世界はあなた次第だったのです。自分の心の扉を開けない限り、この究極の真実にたどり着く事は出来ないのです。実は天国は今、あなたの目の前に広がっているのですが、目を覚まさない限り、誰かがつくり出した影の世界だけしか見えないという仕組みなのです。これを奴隷からの卒業とも言います。なぜなら、あなたは目覚める為に生まれてきたのですから!

しかしこれも、今は「とっても非常識!」な考えだと言って、誰も見向きもしてはくれないのですが・・・。

ヴィジョン / Vision
▼記事更新の応援クリックをお願いします▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

関連記事

  1. バジル

    こんにちは。
    限定記事を読ませて頂いてありがとうございます。
    「洞窟の比喩」の動画、とても興味深く見させてもらいました。
    洞窟の中で見る影を現実と信じて疑わない奴隷が自分に重なって、
    実は洞窟の外には自分の想像も付かない世界が広がっているような気がしました。

    そして、私達は「映画館」の中にいるのを忘れて映画を現実だと思い込んでいて
    自分の心が映し出されているのがこの世界だとしたら、どんな事が起こっても発生元は自分なのだなぁと思いました(^^;
    「心を変える」という事は、少し反省するぐらいでは変わらない気がするし
    「目覚める」ってどういう事なんだろう?映画館の外に出て外の世界を知るという事かな?
    映画館を作った元の存在があるのだろうか?と色々な考えが頭の中でぐるぐるしています。

  2. ハルト

    ヴィジョンさん、おはようございます。

    会員限定記事を読ませて頂いてありがとうございます。

    この世界が心の映しだと言うことを、
    「洞窟の比喩」を例に説明して頂いて、これまで以上に、
    この世界が心の投影だと言うことをリアルにイメージさせて頂く事が出来ました。

    私達人類は今、外の世界のイメージに身も心も占領されていて、
    自分が目にするもの外から聞こえて来るものに大きく囚われて生きている!
    正に奴隷だと言うことも凄く理解させて頂きました。

    昔の人の中には地球が丸いと聞いたとしても、
    「じゃあ地球の裏側に住む人は落ちるじゃないか?」と思った人も多くいたのではないか?
    地球が丸いってどう言うこと?っていろんなことを想像して考えただろうな?と思いました。

    心を変えれば世界が変わると言うことも本当に実感できる様になるには、
    いろんなことをイメージして試してみないといけないと感じています。

    私も早く目覚めて奴隷から卒業して本当の世界を実感してみたいです。

    素敵な記事を読ませて頂いて本当にありがとうございました。