【NO.2】どうして嫌な事って連続で起きるの!?

【NO.2】どうして嫌な事って連続で起きるの!?前回の記事の内容の答え、あなたなりの答えは出ましたでしょうか?ただただ記事を読むだけでは、何の意味もないからです。分かった様なつもりでも、3歩歩いて忘れるような感じだったり、分かったような気になるのが一番危うい事なのです。さて、本題に入っても大丈夫でしょうか?では、あなたなりの答えが出せたという過程で・・・「じゃあ、どうしたら良いんだ~!」の声に応えて行きたいと思います♪

そもそも、あなたが嫌だと思う事が起きるのは、偶然ではありませんでしたよね?!ここで確認ですが、偶然起きた事ではないという事にあなたは心底100%了解しているのでしょうか?良い事は必然で、悪い事が起きたら偶然だという思いは全くないでしょうか?まず、ここをあなたの心の中でハッキリさせておいて下さい。それがないと次には進めないからです。頑張って♪

嫌な事が偶然だと思っていたら、天から降ってきたと思う様にその犯人は自分の外に居る事になるからです。つまりそれは「誰かのせい!」にしているのと同じことなのです。自分のせいではないという心では、自分を変える事は出来ないのです。これでは、自分を掘り下げる事を放棄している事となります。他人のせいでは何も変わりませんよね・・・。だから「嫌な事が連続して起きる!」という訳なのです。

つまり連続で嫌な事が起きるのは、まず「外に原因をつくっているから!」なのです。そしてあなた自身がその嫌な事に「囚われ、執着しているから!」なのです。嫌だ嫌だという言いながら、実はあなたの意識はその嫌な事に集中しているからなのです。つまり、あなたが呼んでいるのです。呼んでおいて違う「私じゃない!」「あの人のせいだ!」と言うのです。だから気付くまで何度でも来ます。他人のせいにしたい心をひとまず飲み込んで、まずはこの事を了解できるでしょうか?ここを心から納得出来ないと、深層には踏み入る事は出来ないのです。さて、その深層部分の核心はNo.3で書きたいと思います。それまで、よく自分自身と会話して下さい。おしゃべりは止めて静かに自分と向き合うのです。心落ち着けて・・・^^。

ヴィジョン / Vision
▼記事更新の応援クリックをお願いします▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

関連記事

  1. アボカドトマト

    アボカドトマトと申します。

    わたし自身、嫌なことがあると、すぐに
    その原因を外に求めてしまいます。

    今まで、そういう行動がおかしいとは全く
    思わなかったのですが、今回の記事を読んで
    考えが大きく変わりました。

    連続して嫌なことが起きる、その原因を
    つくっているのがわたし自身だったとは(*_*;

    「じゃあ、どういう嫌なことが起きたときに、
    強く反応しているのだろう??」と自分の
    心の中を掘り下げていったこともないです(*_*;

    この衝撃を忘れないうちに、
    自分自身との会話をはじめてみます。

    ヴィジョンさま、他のブログでは決して
    味わえない中身の濃い記事を読ませて
    いただき、ありがとうございました。

  2. トシ

    私は今まで嫌なことが起きるのは自分に原因があって、
    それは偶然に起きていないことも、解っているつもりで居ましたが、
    最近も嫌なことが起きた時に「でも」「だって」と心の中で言っている自分が居て、
    やっぱり、まだまだ、解った様なつもりになっているだけで実際には解ってないんだと思います。

    それは嫌なことが起きた時に自分ととことん向き合わずに、
    中途半端なところで自分を納得させて解った様な気になっておしまいにしていたからです。

    これでは偶然はないと口では言いながら物事を偶然として処理しているのと同じことでした。

    自分のどの様な思いや行動が嫌なことを呼び寄せたのか?自分の中で明確になるまで、
    自分と会話が出来なければ何時までも人のせいにすることを続けるだけだと思いました。

    これまで人のせいにしている自分の心にも蓋をして観ない様にしているところもありました。

    これからは嫌なことが起きた時の自分の思いや反応に蓋をせずに、
    カッコ悪い自分自身の姿を、ちゃんと観ることを遣らなければと思いました。

    自分に原因があること偶然はないことを心底理解出来るまで自分自身との会話を続けて行きます。

  3. スピカ

    偶然で起きる事は何もない、と頭では分かっているつもりで、
    私は、今の今までずっと、嫌な事が起きる事を「相手のせい」にしていました。

    そして、その嫌な事や相手に執着して、
    ずっとその事や相手の事を考えてしまっているような状態でした。
    自分が原因と認めると負けたような気になって悔しい!とか思ってしまったりして、、
    よく考えたら、何に勝とうとしているのか?
    本当におかしいです。

    今まで、自分の事が全くみえていなかったです。
    「私は本当に、偶然はないと思えているだろうか?」
    「私は本当に、嫌な事を呼び寄せているのは自分自身だと納得できているだろうか?」
    と、もう一度しっかりと自分にきいてみます。

    今まで、沢山のブログを読ませて頂いて来ましたが、
    いつも読んで分かった気になり、まさに3歩歩いたら忘れるような感じでした。
    「自分なりに考えてみて下さい。」と問いかけて頂けるブログは、
    初めてです。本当にありがとうございます。

    • Vision

      スピカさん、コメントありがとうございます^^。

      >自分が原因と認めると負けたような気になって悔しい!とか思ってしまったりして、、
      >よく考えたら、何に勝とうとしているのか?
      >本当におかしいです。

      そうでしょ?(笑)
      人間は直ぐに「勝ち負け」を語りたがります。
      心の中でも同じことが起きているのです。
      何に勝とうとしているのでしょうか?
      悪い事をしたなぁと思ったら、ごめんなさい。
      感謝の心が出れば、ありがとう。
      このどこに「勝ち負け」が生じると言うのでしょうか(爆)
      それは、偽りのお詫びと、偽りの感謝でしたね(@_@;)


      >「私は本当に、偶然はないと思えているだろうか?」
      >「私は本当に、嫌な事を呼び寄せているのは自分自身だと納得できているだろうか?」
      >と、もう一度しっかりと自分にきいてみます。

      アカデミーに参加している方に「偶然はありますか?」と聴けば、
      「偶然はありません」とほぼ全員の方が即答されます。
      しかし、自分に嫌な事が起きた時には「なんでだろう?」とイライラし
      相手に指を指して、それが偶然起きた事になってしまうのです(笑)
      つまりは、私は悪くないのにとたまたま起きたという被害者を装うという図式です。
      これでは都合が良すぎますよね(^_-)-☆
      どうですか?

      ヴィジョン

      • スピカ

        お返事ありがとうございます。

        「ごめんなさい。」「ありがとう。」
        勝ち負けとか言っていたら、
        このたった二言さえ、絶対に心から口に出せないと思いました。

        偶然はない!と口ではいいながら、
        嫌な事が起きたら、相手に指をさしている、
        そんな自分の姿が分かりました。
        本当に、都合が良すぎます(>_<)
        偶然はない、という事を全く理解していませんでした。

        ごめんなさい。ありがとう。
        まずはこの言葉を、いつも心から言いたいと思いました。