他人からどう見えるか?一切気にする必要はないのです。

☆ ☆ ☆

他人からどう見えるか?あなたは気になりますか?

でもそれは一切気にする必要はないのです。

どう他人から見えようが関係はないのです。

実はあなたの人生には無関係なのです。

でも気になる人は多いですよね・・・。

その気持ちは分かります。

しかし、この世界は幻想なのです。

映画で言えば、映画館のスクリーンに映ったものがこの世界です。

スクリーンで展開されることを気にしても意味がない事なのです。

スクリーンとはある意味、幻想のようなものなのですから。

映画のスクリーン上の事は、現実の世界のことではありませんよね。

幻想のようなものであり、夢を見ているような状態なのです。

その夢の中で、夢を現実化させることはないのです。

つまり幻想を現実化させることはないという事なのです。

ましてや自分がコントロールできない事を気にしても意味がないからです。

あなたは他人を変える事はできません。

私も他人を変える事はできません。

上映されているスクリーン上の出演者のセリフを変える事は出来ないのと同じなのです。

ましてや登場人物のエゴにはそれぞれに言い分があるからです。

この世界の出演者には、人それぞれのエゴがしっかりと存在しているからです。

100人いれば、100人分のエゴという言い分があります。

それぞれが自分が正しいと思っているのです。

そこまで言わなくても、心の中では皆バラバラな事を思っているのです。

そして自己中心的な生き方とは、最後には他人を必ず裏切ります。

エゴは必ず他人を裏切ります。

それは同時に、自分をも裏切るという事なのです。

他人に行うことは、自分に行うことだからです。

さてそれでは、どうすれば良いのでしょうか?

答えは「原因」に手を付けなければならないという事なのです。

「結果」を変えようとしても変わりません。

映画で言えば、スクリーン上が結果です。

その結果を変えようとして映画館の舞台に上がりスクリーンに文句を言っている危ないやつになるだけです。

結果ではなく「原因」に手を付けないといけません。

原因とは『自分の心』のことです。

他人の心の事ではありません。

相手の心を変えようとしてはいけません。

第一相手の心を変えようとしても無意味だからです。

ですから他人にどう見られているのか?を気にするのではなく、赦すことです。

ネガティブを感じたら相手を赦し、自分自身をも赦すことです。

人は相手に接するように、自分に接しているからです。

「バカ!」と言えば、自分に「バカ!」と言っているのと同じことなのです。

原因に手を付ける事。

自分の心を見つめる事です。

真実は外にはありません。

真実は内にあるのです。

自分の心が原因であり、元だからです。

だからこそ他人の目や噂話なども一切気にすることはないのです。

エゴにエゴで立ち向かったら、両者血だらけになりますよ。

あなたが「どう考えるか」だけで、受け取り方も変わってくるからです。

ですから、もっと自分に自信を持っていいのです。

そして自分と会話する時間を設けましょう。

自分はどうありたいのか?と。

自分はどう生きたいのか?と。

一人の時間を作り自問自答することです。

これって、とっても大事なことなのです。

これこそが一番大事な道へと繋がる事なのですから。

ヴィジョン / Vision
▼記事更新の応援クリックをお願いします▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
☆ ☆ ☆

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。