現代人は「土から離れて」病んでしまった!

現代人は「土から離れて」病んでしまった!最近、病名が付けられない「病気」がとても増えているのだそうです。体に現れる外側の病気や内臓などの内側のみならず、心の病までまさしく多種多様な病気の雨嵐なのだそうです。その一つに現代病とも言われているものがあります。現代病とは辞書にはこう書いています。「現代病(げんだいびょう、英:Modern diseases)とは、都市化、産業化など、過去にはなかった現代の生活習慣や環境などに起因する種々な病気を指して用いられる言葉である。」

つまりは、コンクリートジャングルの中で生活し、満員電車のまるで棺桶地獄とも揶揄されるギューギュー詰め状態では、毎日神経が擦り減ってしまいますよね。でも田舎に行けば良いのか?という事になりそうですが、田舎にいて毎日何かのプレッシャーや、あらゆるストレスにさらされていては何処に住んでいても同じことなのです。原因不明の病気も増えているそうですし、各種アレルギーも多様化し、ストレス社会の花が咲き乱れているように感じます。同じ花ならば美しい花を咲かせたいものですよね。

そして体のみならず、もし心までもが壊れていくという事では一体何の為に生まれて来たのか?と思いたくもなりますよね。それは様々な要因があると思うのですが、一番の原因は現代人が『土から離れて』しまった事だと思うのです。土から離れることにより、あらゆる病みを逆に生み出してしまったのだと思うのです。人類が土から離れる選択をしてしまったという事が一番の原因だと思うのです。

土から離れ、石油由来の物に囲まれ様々なアレルギーを発症し、経済第一の仕組みに飲み込まれ、体も心も病み、そしてコワレテ行ってしまう。これでは悲しすぎますよね。何の為に生きているのでしょうか?と考えたくもなります。お金中心の世界にドップリで人心が崩壊しかけていますよね。人間は『土』から離れると絶対におかしくなってしまいます。正気を失ってしまうのです。NEW VISION の本部を奈良は大和の地に移してから、本当にそうだ!と確信する日々でございます。

みなさん、是非大和の地を訪れてみて下さい。もしくは大自然の中に入って下さい。疲れた体を癒し、大自然の中で心を開放して、お散歩でもしてみて下さい。大きく自然の気を深呼吸して取り入れ、そして大きな空に身をゆだねてみて下さい。風を感じ、鳥の鳴き声を聴き、大地を踏みしめてみて下さい。きっと、何かがあなたの中で弾ける筈です。もう一度、あなたの人生を見直す事が出来る様な時間になる筈です。忙しく時間の取れない方は、近所の散歩でも良いのです。深呼吸して視点を変えて散歩してみて下さいね。

ヴィジョン

※応援クリックをよろしくお願いします。
 ▼ ▼ ▼
人気ブログランキングへ
 & & &
にほんブログ村 人生・成功哲学

関連記事

コメント

    • トシ
    • 2018年 11月 07日

    私は田舎に住んでいますが忙しい日が続いて来ると、
    ゆっくり景色を眺めたり、深呼吸する余裕すらなくなって、
    何かに追われる様な慌ただしい生活になってしまいます。

    田舎の素敵な景色が周りにはあるのに心が晴れず憂鬱な気持ちで、
    その景色を眺めるばかりで散歩にも出掛けなくなって、
    心が病んだ様な状態になってしまう時もありました。

    ストレスにさらされて生きていれば都会も田舎も同じなんですね!

    私は自分が現代病とは思っていませんでしたが、
    良く考えてみたら田舎に住んでいても生活習慣は都会と同じで、
    土から離れた生活をしているし正しく現代病だと思いました。

    先ずは自分の生活習慣を見直さなければなりません!

    そして、せっかく田舎に住んでいるのですから、
    先ずは朝早く起きて田舎の町のお散歩から始めてみます。

    本日も大切なことを教えて頂いてありがとうございました。

    • ノリスケ
    • 2018年 11月 07日

    現代人は「土から離れて」病んでしまった。
    この言葉、大変心に響きました。
    確かに、現代人は土から離れた生活をしていますね。
    あちこち舗装してしまって、建物もコンクリートで固め
    土との触れ合いがなくなってしまった感じがします。
    人によっては、衛生的ではないと土を毛嫌いする傾向にあるようです。

    自分のこどもの頃は普通でしたが、最近ではこどもの泥遊びを
    あまり見なくなった様な気がします。
    これでは、体も心も病んでしまうのではないでしょうか?
    そうならない為にも、自然と触れ合えるような生活習慣に
    変えたいなと思いました。
    どうしても、職場と家庭の往復で、その余裕がないので
    時間を上手に作って近所を散歩してみたいと思います。
    そろそろ紅葉も綺麗になるだろうし、楽しみです。

    いつも、ためになる記事を書いていただき、ありがとうございます。

    • そう
    • 2018年 11月 08日

    こんにちは。
    「そう」と申します、宜しくお願いします。

    病名が付けられない病気がとても増えている現代、
    とても悲しい事ですね。
    一番の原因が、「土から離れてしまった事」とは考えもしませんでしたが、
    確かに、自分の子供の頃と比べて、身のまわりに「土」がとても少なくなっています。

    わずかにある土も、いつの間にかコンクリートで埋められ、
    最近の子供たちも、土遊びなどを全くしなくなりました。

    私が子供の頃は、外にでると土に触れる機会がまだ沢山あり、
    そこを裸足で思いっきり走り回る事が、本当に楽しかった事を思い出しました。

    日々の忙しさに追われてばかりでしたが、
    時間を作りゆっくりと自然の中に出かけたり、
    まずはお散歩にも行ってみようと思います。
    何か本当に大切な事を忘れかけていたように思います。
    ありがとうございました。

    • シナモン
    • 2018年 11月 08日

    はじめまして。

    私は地方の大学を卒業後、都会への憧れが強くて都内の企業に就職しました。
    時間が経つのはあっという間でもうすぐ10年になろうとしています。
    都会の生活にもすっかり慣れ、便利さを感じつつも、疲れが取れにくくなったり、
    突然頭痛がひどくなったりするなど身体の不調を感じる場面がとても多くなりました。

    結局、病院に行ってもその原因が分からず悩み続けてきましたが、『土から離れて』しまった事だと
    書いているのを見て、とても納得いたしました。たしかに、地元にいたころは、草むしりや祖父の
    野菜作りをよく手伝っていたのですが、そのとき今抱えている身体の不調を感じることはほとんど
    なかったです。

    職場からまっすぐ家に帰るいつもの帰り道の中で、季節を感じながら、自然の中をのんびりと散歩する
    時間を久しぶりに作ってみようと思います。この記事のお蔭で、忘れかけていた大切なことを思い出す
    ことができました。ありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。