人は人と出会い成長して行く

人は人と出会い成長して行く

人間は一人では生きていくことはできない。よく言われるこの言葉、あなたはどう感じていますか?どう実感していますか?ヴィジョンは、この一般社団法人 NEW VISIONを設立し、アカデミーを開催していく上で毎日が濃厚で素晴らしい時を過ごさせて頂いています。かと言って綺麗ごとだけじゃ済ませられない、様々な出来事も含めその中で特に実感しているのが、人は人と出会い成長して行くのだという事です。

人間はただ生きるだけならば、一人でも生きてはいけるのかもしれません。しかし夢も希望も無く生きていること、それはもやは生きているとは言えない状態だと思うのです。人と触れ合わず、他人と協力する素晴らしさも知らなければ、それは生きているとは言えません。また、他人とケンカしたり意見が合わなかったりする事などを通じて、自分を省みる力も養われたりもします。そんな人との関係の中で、我々は成長していくのではないでしょうか?思い通りにいかない時ほど、深呼吸をしてそのサインを受け取る謙虚さが必要なのです。

自分だけ良ければ良い。自分の事しか考えない。そんな大人が増えている様にも感じています。という事は、そんな自分の事しか考えない子供たちも増えているのだという事になります。見習うべき大人が少ないのですから・・・。これでは本当に世も末ですね・・・。混とんとした社会だからこそ、我々自身が、一人一人が、あなた自身が成長していくことがとっても必要とされている時なのです。

理不尽に思える世の中に対し不平や不満を言う前に、社会の不満を口にする前に、会社への不満を言う前に、家族の悪口を言う前に、我々はしなければならないことがあります。それは『自分自身を省みる』という事です。人のふり見てわがふり直せとも言いますよね。そして、人と出会い人に揉まれ、自分を研いていくことを大切にすべきなのです。みんなが自分の事は棚に上げての総1億コメンテーター時代ほど、不幸な時代はありません。

自分を省みた時には、例えば恥をかく様な思いをするときもあるでしょう。恥ずかしくて消えてなくなりたいと思う時もあるでしょう。でも、そんな落ち込んだ時でも、友人がいれば勇気百倍です。いつでも人の痛みが分かる人でありたいですね。親は子供を育てる事で、本当の親になるように・・・。人もまた、人と出会い研かれ、自分の下に人が付いて来てくれた時こそ、まさにあなたの成長の時です。人を育てることに汗を流す事により、自分も研かれるという事なのだと思います。

ヴィジョン

※応援クリックをよろしくお願いします。
▼ ▼ ▼
にほんブログ村 人生・成功哲学
人気ブログランキングへ

関連記事

コメント

    • とくま
    • 2017年 4月 23日

    ヴィジョンさんへ
    二日間貴重なお話しを有難うございました。
    お教え頂いた鏡、しっかり研いて観たいと思います。
    自分自身の探し方がとても解りやすく教えて頂き次は今からの私を変えるだけなのですね。日々の訓練をしっかり努めて次にお会い出来る時に生まれ変わった姿を見て頂きたいと思います。素晴らしい仲間との貴重な時間を過ごせたことを感謝いたします。お体にお気をつけ下さい。
    とくま

      • Vision
      • 2017年 4月 24日

      とくまさんへ
      こちらこそ、お会いできてとても嬉しかったです。
      人間は目に見える物は研きますが、なかなか目に観えないモノを研こうとはしません。
      何をどうして良いのか?さえ、分かっていません。

      しかし、我々人間にとっては目に観えないモノが物凄く大切で、貴重なのです。
      目に観えないモノに感謝出来る様になって、初めて大人になるのだと思います。

      よって、心を掃除する。心を研く。自分の心を開く、誤魔化さない、正直になる。
      人間は他人の心ばかり見て、自分の心の方は決して観ようとはしないのです・・・。
      そして、自分の心の掃除はしないで、他人の心を変えようと傲慢になるのです。
      これが残念ながら、我々人間の姿です。

      そして、一番近くにいる人を幸せにする努力をする事です。
      知識でもない、形だけでない心からの行動。これが全てなのです。
      一番近くにいる人を幸せに出来ずに、何を言ってもやっても説得力がありませんから^^。
      頭をちゃんと下げる事です。心から頭を下げてお相手の思いを聴く事がまず第一歩ですね♪

      また次回のアカデミーでお会いできること、楽しみにしています。
      その時までにすべき事・・・やりましょうね。頑張りましょう(^_-)-☆
      ヴィジョン

  1. この記事へのトラックバックはありません。