「取り上げるから、残らない!」だけ。

★ ★ ★

あなたは、いつも不平不満を言う。

あなたは、いつも足りない!と言う。

あなたは、いつも文句を言ってはいませんか?

しかし「いつも」と言うと、「いつもじゃないもん!」と、また不平を言う。

そしてまた、あなたは自分ではない「誰か」のせいにする。

ついでに、あなたは「周り」のせい「社会」のせいにする。

そしてあなたは、いつも通り「不平不満」を言うのです。

あなたが「足りなくなる」のは、

あなたが「取り上げるから」なのです。

「取り上げるから、残らない!」だけなのですよ。

あなたが「取り上げる」から、

あなたにも「残らない!」だけなのです。

分かりますか!?

鏡なのです。

あなたは周りの人から「喜び」を奪うから、

あなたに「喜び」は、残らないのです。

当たり前ですよね(^_^;)

他人に迷惑をかけて、周りの方々があなたに

喜びを差し出してくれる筈はありません。

周りに苦労を掛けっ放しで、周りの方々があなたに

幸せを運んで来てくれるでしょうか?

それで、あなたが幸せになれるでしょうか?

答えは、NO!です。

あなたの不平不満は、実はあなた自身の姿の写しだったのです。

あなたが足りないと感じるのは、あなたの愛が足りない姿だったのです。

そして、愛の無いあなたは周りに迷惑をかけ

「周りから笑顔を取り上げる!」から、

あなたには「何も残らない!」のです。

あなたに残ったのは、またもや「不平不満だけ」・・・。

実は、とってもシンプルなのです。

複雑にしているのは、あなたなのです。

誰のせいにでもありません。

あまたが全ての生みの親だったのです。

不足するのは、あなたが取り上げた!から。

愛が不足するのも、

お金が不足するのも、

総て、あなたが取り上げたから!なのです。

あなたが得ることだけを考えて、

あなたが与えて来なかった結果だったのです。

奪う事だけを考えていては、必ず不足します。

真理が観えず、

真理が聴こえず、

だから、真理を言えないのです。

見ざる言わざる聞かざるです。

残念ながら、これが人間の現状の姿です。

あなたの本来のあるべき姿とは、

与えること。

一緒に笑顔になること。

見返りを期待しない心でいること。

全てに感謝をして生きること。

これが、本当のあなたの姿だったのですが・・・。

全人類忘れてしまったのでしょうか・・・(T_T)

あなたは、どちらの生き方を選択しますか!?

あなたは、どういう生き方をしたいですか!?

決めるのは、あなた!です。

Vision / ヴィジョン

▼更新応援クリックをよろしく♪▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

関連記事

コメント

    • kyo
    • 2019年 10月 17日

    こんにちは。

    うまくいかないな…と感じる時、自分の愛の足りない姿だったのですね。
    周りから笑顔を取り上げていたのは私だったということも事実を知ってしまった感じです。

    どういう生き方をしたいですか?の問いには、よく考えてみたいと思います。

    • kyoさん、コメントありがとうございます♪

      >うまくいかないな…と感じる時、自分の愛の足りない姿だったのですね。
      >周りから笑顔を取り上げていたのは私だったということも事実を知ってしまった感じです。

      その様です(^^)
      事実を遂に知ってしまいましたね♪
      おめでとうございます♪
      真実との出会いですよ。
      もっと、喜んで下さいね\(^o^)/

      Vison

    • ハルト
    • 2019年 10月 18日

    誰かの笑顔や喜びを「取り上げる」ことって?
    自分は、これまでどんなことをやって来たかな?と
    よ~くこれまでのことを思い出してみるとこんなことが浮かんで来ました。

    何か問題が起きると、その時点で誰かのせい!にして、
    相手を捕まえて(暴力的にではありません!)責め立てる様なことをしていました。

    そして、こちらが先に責めておいて相手の不満そうな顔を見ると、
    「お前が悪いのに何でそんな顔するんだよ!」と、
    また心の中で相手を責める!不平不満を言う様なことを繰り返していました。

    自分には問題はない相手が悪いと決めつけ愛のない冷たい言動で相手に接していたと思います。

    この時の私は愛がなく相手の笑顔、喜びを、正に、
    「取り上げる」だけの存在でしかなかったことに改めて気付かせて頂きました。

    以前ブログでも教えて頂いた「与えたものが与えられる」真理を何時も忘れてはいけないと思いました。

    真理が観えず、真理が聴こえず、だから、真理を言えない!

    見ざる言わざる聞かざる!ブログ記事の写真の猿は正に私の姿でした。

    今回の記事を読ませて頂いて真理とは何か?もう一度自身で深めなければと思いました。

    ありがとうございました。

    • ゆうあい
    • 2019年 10月 18日

    なんだか耳が痛い記事でした…。
    普段自分の姿を客観的にみる習慣が、なかなかついていません。
    このような記事を読ませて頂く事で、ハッとしています。

    「足りなくなる」のは、「取り上げるから」というところ、
    すぐには理解ができませんでした。
    何回も読むうちに、これも鏡だという事が分かりました。

    本来のあるべき姿を読んで、
    私は、もらうことばかり考えていたり、見返りを期待していたりして、
    全てに感謝しているという姿とは違うなあと思いました。

    いつもこのブログを読ませて頂いているうちに、
    何でも自分次第なのだという事が分かってきました。
    自分がどうしたいのかをよく考えます。

    • かえるまんじゅう
    • 2019年 10月 18日

    わぁ〜(^^;
    周りの人から喜びを取り上げる自分!
    そして不平不満ばかり言い、自分から喜びを与えようとはしない自分。
    色々と心当たりがあります。
    客観的に眺めてみると、自分のやっていることの酷さを直視したくない感じです。

    でも、与えて、一緒に笑顔になれて、全てに感謝して生きる本来の自分が備わっていると思うと嬉しくなってきました。
    そんな自分に戻りたいなぁ。

    • イナバ
    • 2019年 10月 20日

    こんにちは。

    私は、相手の都合を考えずに、自分勝手な行動を取ってしまうことが多く、まわりにたくさん迷惑を掛けてきました(*_*;

    「あなたが得ることだけを考えて、あなたが与えて来なかった結果」という箇所を読み、最初はピンと来なかったのですが、今はこの記事は自分のことだぁと納得しています。

    いい歳してワガママで、不満を見つけるプロだし、笑顔や感謝の気持ちも少ない、、、本気で自分ってどうしようもないかも!?とも思えました^_^;

    それでも、まわりに幸せや笑顔を運ぶ人は素敵だし、生き方を変えるのが大変でもそうなりたいなぁと感じます。

    見て見ぬふりをしていた、取り上げるだけの生き方と向き合い、見直すことを頑張ります。

  1. この記事へのトラックバックはありません。