この世界は、サインで溢れている!

☆ ☆ ☆

この世界は、サインで溢れている!それは、どんなサインなのでしょうか?この世界のどこにサインは溢れているのでしょうか?そしてそれは、何の為のサインなのでしょうか?次にどんな風に、そのサインを観れば良いのでしょうか?その時に注意点とは?等々、今日は「サイン」というテーマを少し深く掘り下げて行きたいと思います。特別アカデミーでも話している事なのですが、文字で伝えるには限界がありますが要点が伝わるように頑張ります(汗)

まず、サインとはどんなサインなのでしょうか?例えば何をやっても上手く行かないとか、ケガや病気になったということ等が一番分かり易いでしょうか?この多くは、目に観える「形を伴うもの」です。でも一番大事なのは、外に観えるものを観るのではないという事なのです。つまり、外を観るのではなくて、内を観るのです。つまり、自分の心を観るという事なのです。自分の心を観るとは『自分の心の動き』を観ると言う事なのです。よって一番大切なサインは『あなたの心の中だけにある』のです。

なぜならば、自分の「気付き」の為にサインは存在してくれているからなのです。その気付きとは、あなたが正しく生きる為のものです。ですから、あなたの気付きを観るのですから、あなたの外を見ても意味がないのです。あなたの内側である心を観れば良いのです。外を見ていても、それはあなたの心の投影という結果なのですから、観るべきは投影元である心:原因を変えるのです。その時の注意点は、自分を決して責めないという事です。他人の事も責めないというのと同じように、自分の事も責めずに「ただただ客観的に心をみつめる」という事がとても大事なのです。

自分の心を見つめ、自分の生き方を確認します。そして、変えたいところなどを客観的にみつめるのです。そして『正しい心を選択』して行くのです。これを毎日の生活の中で行うのです。特別な時だけの事ではありません。日々の生活がベースなのですから、今日から、今からスタートなのです。日常の中に、あなたの宝物が埋まっているのです。日々の生活の中で、周りや他人や世界を観るのではなくて、自分の心の動きをキャッチするのです。

その新しい扉を開ける鍵が、自分の心を見つめるという事なのです。心の小さな動きを見逃さないトレーニングが必要になります。イライラするとか、落ち込むとか、ため息が出るとか、不安になるとか、苦しくなるとかという心の動きを観るのです。ですから他人のせいにしている暇はないのです。それはエゴを大きく育てるだけのことですから。だからこそ、自分の心だけを観るのです。外だけを見てきた癖から、練習あるのみです。頑張りましょう♪

ヴィジョン / Vision
▼記事更新の応援クリックをお願いします▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

関連記事

  1. ハルト

    これまでのことを、よく思い出してみると、
    病気になったり事故などで怪我をする前には、
    何か不安な気持ちになっていたり、
    イライラして過ごしていた様な気がします。

    それから「不安」な時や「イライラ」している時には、
    何かあると周りのせいにして、周りを責めたり
    そんな自分が嫌になって自分を責めたりするばかりでした。

    「不安」や「イライラ」と言う心の動きをキャッチすることなど、
    考えたこともありませんでしたが、
    今回、凄く大切なことなんだと気付かせて頂きました。

    そして自分も他人も責めず、ただただ客観的に自分の心をみつめること、
    トレーニングを続けて「正しい心を選択」出来る様になれば、
    自分も周りも笑顔が溢れ凄く幸せになれると思いました。

    その為にも「小さな心の動きを見逃さないトレーニング」を続けます。

    何時も大切なことを教えて頂いてありがとうございます。

  2. スピカ

    こんにちは。
    「この世界は、サインで溢れている!」という題名を読んだ時、
    すぐに、「形に現れるサイン」の事だと思いました。
    読み進めるうちに、サインとは、内を観るものだと書いてあって、
    自分が普段から、外ばかりをみて、
    形にあらわれる事ばかりを気にしている証拠です。

    大きく心が揺れ動いたような事は印象的で、目が行きますが、
    イライラするとか落ち込むとか、ため息が出るとか、
    普段からいつも抱いているような細かい心の動きを見つめた事はありません。
    そして、客観的に自分の事を観る事が、
    やってみると本当に難しいです。
    最近の記事でずっと伝えて下さっているように、
    トレーニングが必要だという事がとても納得できました。
    心を観る練習を、とにかくやってみます。

  3. aiko

    イライラする、不安になる、など心は常に何かの動きをしていて、それは確かに日常に溢れているなぁと思いました。

    イライラしているなぁ、と気付いたら即自分を責めるのが普通になっているので決して自分を責めずに静かに心をみつめるのは照れ臭いような不思議な感覚です。
    自分の勝手さや、自分中心でしか考えていないことが見えてきます。
    そうやって冷静に自分の心をみているうちに、相手へのイライラした気持ちがすうっと引いて行きました。

    そして、『正しい心』とは何なのか考えた時、本当はこうした方が良いんじゃないかな、と心の底で分かっているような気がしました。
    いつもは見ないふりをしてしまうそんな微かな心の声に耳を傾けてみます。
    そして、嫌な気持ちを感じる事も自分が変わりたい自分に変わるために意味のあることなんだなと思いました。

    観えない世界のことを教えて下さって、ありがとうございます。