一番大事なものは「目には見えないもの」

☆ ☆ ☆

あなたにとって一番大事なものは何ですか?

あなたにとって最も大事なものです。

一過性のものではなく永遠に一番大事なものは何ですか?

お金と答える人がいるかもしれません。

でもお金で何でも買える訳ではありません。

健康は買えますか?そして幸せもお金では買えません。

大富豪で幸せではない人を、いままで実際に沢山見てきました。

それにお金は一過性のものであり、人によっては不幸の元になったりもするからです。

となると、やはり「愛」と答える人が多いと思います。

お金持ちも貧乏な人も、どんな人でも愛を求めているからです。

束縛する愛ではなく、本当の愛を求めているのです。

犯罪を犯す人も、喧嘩をする人も、結局は愛を求めているのです。

病気になったりするのも、愛を求めている証だったりします。

他人の悪口を言うのも、愛が不足しているからなのです。

イライラするのも、愛が欲しいと叫んでいるようにみえます。

「愛されたい!」

「愛してほしい!」

「愛に生きたい!」

そんな心の叫びが聞こえてきそうです。

本当は愛が欲しいのに、でも愛を感じられない。

その反動がネガティブで表現されている事が多いのです。

人を疑い、傷つけ合い、心を通わせることも少なくなった結果なのです。

そこでその「愛」についての質問です。

愛は目に見えるでしょうか?

愛は目に見えませんよね。

そうなのです。

私達にとって一番大事なものは、実は「目には見えないもの」なのです。

ここに肉眼の不思議さがあると思いませんか?

私たちの肉体の目は、私たちが一番大事なものが見えないようになっているのです。

一番大事なものこそハッキリと見えて欲しいですよね。

あの人は愛がいっぱいの人だ!とか、

あの人は愛が溢れていて、愛メーターを振り切っている!とか、

あの人は顔では笑っているが、実は愛がない人だ!とか(笑)

顔の人相の様に、愛だけが見えていればそれだけで十分なのに・・・。

でも私達には「愛」は見えないのです。

これはなんたる皮肉なのでしょうか?

それでも「愛」は感じられるようになるものです。

その為には、自分の心を変えていく努力が必要となります。

愛を阻む障壁を取り除いていくことで、愛を感じられるようになるからです。

愛が見えない、愛を感じられないのも、誰かのせいではありません。

自分で愛から遠ざかる様に生きているからなのです。

その障壁を取り除く作業を自分でしなければならないのです。

人を変える事は出来ないのと同じように、他人に愛深く生きろ!と言っても意味がありません。

自分の心の投影が、あなたの人生への登場人物なのですから。

この愛を阻む障壁を取り除くことに関しましては、次の機会にしますね。

とにもかくにも私達人間は、一番大事なものが見えていないという視点に立つことが大事だと思うのです。

謙虚に生きる事、とっても大事なことだと思うのです。

ヴィジョン / Vision
▼記事更新の応援クリックをお願いします▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
☆ ☆ ☆

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。