全ての人間はつながっている!

あなたと私は、つながっている。

あなたは、あなたの好きな人と、つながっている。

あなたは、あなたの嫌いな人とも、つながっている。

好きな人とだけ、つながっているのではありません。

嫌いな人とも、ちゃんとつながっているのです。

あなたの知らない人とも、つながっているのです。

これから出会う人とも、つながっているのです。

人生で出会わない人とも、つながっているのです。

あなたは私なのです。

私はあなたなのです。

私達は肉体に囚われてしまっています。

肉体だけを見ていたら、個別だと勘違いしてしまいますよね。

なぜなら、あなたと私の肉体は別々に見えるからです。

分離しているように見えています。

でも肉体は別々の個別であっても「心は実は一つ!」なのです。

見えるものに騙されてはいけません。

この目に騙されてはいけないのです。

でも目が悪いという事なのではありません。

肉体の目ばかりに頼っている事の危うさを言っているのです。

「心の目」で物事を観るという事が大事なのです。

でもこれは何も特殊能力やサイキックという事ではありません。

現代人は本も読まなくなり「心で感じ取る」という訓練を、極端にしなくなっているからなのです。

心の目で観る事の大切さを忘れてしまっているのです。

心の耳で聴く事の大切さも忘れてしまっているのです。

私達には、許せない人だったり、大嫌いな人がいたりします。

でもそれは結局は自分を苦しくしてしまう事なのです。

そして相手を許せない!と言う時、実は私たちは「相手を牢獄の中に閉じ込めている」のです。

許せない人を牢獄に閉じ込めている状態なのです。

そしてあなたはその牢獄の監守となっているのです。

つまりあなたも見張り役として嫌いな人と共に刑務所にいるですから、共に自由はない状態なのです。

お互い牢獄の中で、お互いに囚われの身になっているのです・・・。

ではあなたが許せば2人はどうなるでしょうか?

もしくは許したいなぁと思うだけでも変化が起きて来るのです。

なぜならば2人は繋がっているのですから・・・。

いかなる理由であっても、怒りはあなたの道を塞ぎ、相手の道をも塞ぎます。

自分で自分の進むべき道にバリケードをはっている状態です。

心のバリケードは、いずれ必ず息苦しくなるのです。

自分の為だけに生きることはできない理由がここにあるのです。

自分の為だけという事はあり得ない事なのですから。

一人で生きてはいけない理由がこれなのです。

一人だけという事もあり得ない事だからです。

当然、家族全員ともつながっています。

当然、会社で働く人とも全員つながっています。

当然、地域全員つながっています。

当然、日本人は全員つながっています。

当然、アジア人は全員つながっています。

当然、地球で暮らす人は全員つながっています。

全ての人間は「あなたの一部」なのですから、全員つながっている!のです。

ヴィジョン / Vision
▼記事更新の応援クリックをお願いします▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。