楽しい事と、つまらない事があるのではなく「楽しむ心」と「楽しめない心」があるだけだ!

生きていると楽しい事と、楽しくない事やつまらない事がありますよね。

そんな時に、ふと考える事があります。

楽しいか?楽しくないか?って何なんだろう…。

楽しいか?楽しくないか?なんて、一体誰が決めているのだろうか?と…。

楽しい基準なんて教科書にもそんな事は載っていないし、法律で決まってる訳でもない。

誰かが自分の楽しいか楽しくないかを決めるのだろうか!?

いやいや誰かが決めるなんて、そんな事はあり得ない。

自分が楽しいというのは、他人に決められる訳もない。

楽しいと思う基準は一人一人違う筈だ。

誰かが楽しいか楽しくないかを決めるのではなくて、つまりは自分で決めているのだ。

ならば、どうしよう?

ならば、今から自分はどう生きて行こうか?とも考えてみよう。

だったら、自分で自覚して全部を決めるという生き方を選択していきたい。

外にある理由で自分の人生を決めるのではなく、自分で全部を選択するという生き方はどうだろうか。

それはきっと、カッコイイ生き方ですよね。

誰かのせいにしたり、世の中のせいにして生きるなんてカッコ悪すぎる。

だから今から、今日から、自分で全てを決めるという生き方をしようと決めていこう。

そしてそれは他人のせいにしないという素晴らしい生き方に繋がる事なのです。

楽しい事と、楽しくない事つまらない事があると最初に書きましたが、実は「楽しむ心」と「楽しめない心」があるだけなのです。

つまり、つまらないことなんかないという事!

ある意味「自分が楽しめないだけだ」という事に気づく必要があるのです。

謙虚さも当然必要です。

なぜならば、ある花を見て美しいという人がいるが、そうでもないと答える人もいる。

あの人は嫌いという人もいるが、あの人を好きという人もいる。

つまり人生とは、私たちが「全てを楽しむ心」を持てるようになる為の「学びの教室」とも言えるのです。

よってあなたが辛い時こそ、この世界は捉え方次第なのだという事を思い出して欲しいのです。

あなたが悲しい時こそ、あなた次第で実はそれはいかようにもなるのだ!という事なのです。

これは慰めでもなんでもない真実のお話。

よって「世界がどんなであっても、楽しもう!」と決めるのです。

どんな世の中であっても、どんな世界でも、楽しめるかどうかは自分次第なのです。

それは決して投げやりではなく、

エゴではなく、わがままではなく、

自我でもなくて、自らの心の声に従って!!

あなた心の奥底に眠っている内なる声に従って…。

でもある意味深いところでは、楽しいという根っこは全員同じなのです…。

何事も、どんな時でも、何であっても、誰でも、楽しむ心を持てるのです。

どんなに大変そうに見える時であっても、自分の心の選択次第なのです。

同じ生きるならば、楽しむ心と共に生きると決めてみてはいかがでしょうか!?

だって、楽しんで生きるという選択はいつの時でも出来るのですから。

ただしエゴからの心では楽しめる筈はありません。

自分が強すぎてもいけません。

あなたをいつも見守ってくれている存在と共に!

あなたはいつでも愛されているのですから!

人は一人では生きてはいけないのですから…。

深い愛からでしか楽しめる心は生まれては来ないのです。

では最後にもう一度書きますね。

楽しい事と、つまらない事があるのではなく「楽しむ心」と「楽しめない心」があるだけなのです。

ヴィジョン / Vision
▼記事更新の応援クリックをお願いします▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。