「私は正しい!」このたった一つの思いだけで、人は互いにぶつかり合う。

☆ ☆ ☆

「私は正しい!」このたった一つの思いだけで、人は互いにぶつかり合う。どうして人は、いつも誰かと何かとケンカをしているのだろうか?ムカッとしたり、あ~うるさいと思ったり、イライラしたりと心は荒波の中に居て、なかなかに心が穏やかになる事は少ない。ここで言うケンカとは、何も声を荒げる事だけの事ではありません。大きな声や態度には出さなくとも、心の中で思っていたらそのイライラは全く同じことだからです。どちらも健康に悪そうですよね(^_^;)

人がぶつかり合うのは、「私は正しい」と思っているからではないでしょうか?だって、私は○○○だから・・・。あの人は○○○だから・・・。理由は何でも良いのです。自分の正当性を証明する為には、言い訳も何でもアリです。自分が正しいと証明する為なら、人は本当に何でもしますよ(>_<) 自分の正当性を証明する為に、嘘も平気で付きますし、相手を奈落の底に落とすなんて朝飯前で、心の中で毎日同じような事をしていませんか?きれいごとでは無くて、あなたはどうでしょうか?

「私は正しい」その思い一つで、男女はケンカし、家族間でもケンカし、会社でも仕事でもケンカし、世間ともケンカをしている。ケンカにまで発展しなくても心の中で「もう!」とカッとなる・・・。それが人間の姿です。これは、会社間や国家間でも同じ構図なのです。しかし、なぜそんなにまでして「自分は正しい」とこだわる事が必要なのでしょうか?是非、みなさんに冷静に考えて頂きたいのです。

ヴィジョンはこう思うのです。別に間違っても良いと思いませんか?もし間違ったら「ごめんなさい」で良いのではないでしょうか?お人に先に譲っても良いじゃないですか?車の運転にも似ているのですが、絶対に自分が先に前に出ないといけないのでしょうか?「どうぞ、どうぞ」と生きても、運転しても良いじゃないの?譲る事は、とっても気持ちが良い生き方ですよ。心に余裕も出来ますしね。でも、ダメなんですよね・・・。それはなぜなのでしょう?どうして、そこまでして「私は正しい」と肩ひじ張って主張し、誰かと比べたり、敵をつくったり、敵を探してまで生きないといけないのでしょうか?それは苦しい生き方ですよ・・・。それは悲しい生き方ですよ・・・。

「私は正しい」と強がって生きるより、ヴィジョンは「心がおだやかに」生きる方が嬉しいと思うのですが、あなたはどうですか?負けたって、良いじゃないですか?先を譲ったって良いじゃないですか?悪口を言われても良いじゃないですか?ダメで良いじゃないですか。あなたの素晴らしさは減りはしませんから(笑) 自分がどういう生き方をしたいかだけだと思うのです。ヴィジョンは、自分が正しいと主張する生き方よりも、心穏かに生きれるという人生の方を選択したいといつも思っています。所詮、正しい間違いなんて、お互い自分中心に考えているだけの話しなのですから・・・。どっちにも言い分があるものなのです。さて、あなたはどういう生き方を選択しますか?

ヴィジョン / Vision
▼記事更新の応援クリックをお願いします▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

関連記事

  1. Lily

    「私は正しい」と思ってしまう本当の心は、相手を自分の思う通りにしたいとか自分の主張が強過ぎるとか、自分の事が一番と思っていて、とても欲が強いなと思いました。

    私が正しい‼︎と声を荒げている状態が全く正しいことでは無いことも自分で気づいていこうと思います。

    私は、人を信用しない信頼出来ないという思いが根底にあるようで、自分の考えを相手に押し付けてしまいます。相手の事をきちんと認める事も大切なのだと思いました。

    “心穏やかに”いつも居られたらとても幸せな気持ちなのだろうと想像します。そう近づけるようにいつでも私が一番とは思わず相手が先でもいいのだと自分に言いいます。

    ありがとうございます。

  2. ハルト

    人間は自分を正当化する為には何でもやってしまうこと、
    これまでの人生を振り返ると本当にそうだと思いましたし、
    自分でも恐ろしくなるようなことを思ったり、
    やってしまうこともありました。

    それは自分が間違っていると気付いても、
    認めてしまったら相手や周りに攻撃されると何時も思っていたからで、
    何時も正しい自分を強がって演出していただけでした。

    あの時に「私が悪かった、ごめんなさい」と一言、素直に言えたならと
    思う出来事を幾つか思い出しました。

    何も強がる必要はないのにプライドや恐れが凄く強かったのだと思います。

    これからは自分が正しいと強がらずに、素直に「ごめんなさい」と言える人!
    「お先にどうぞ」と譲れる穏やかな人に成りたいと思いました。

    その様な人を目指して頑張ります。

    ありがとうございました。

  3. カルテット

    別に間違っても良いと思いませんか?
    負けたって、良いじゃないですか?…、
    幾つも問いかけて頂いたのが、とても心に響いて、
    何回も読み直させてもらっています。

    いつも何かや誰かにイライラカリカリしたり、ムカッときたり、
    心が穏やかになる事は、本当に一日のうちにどれだけあっただろうか?
    と思いました。
    「私が正しい!」と自分の主張ばかりを押し通していたからでした。

    でも、ふと記事を読ませて頂きながら、
    眉間にしわを寄せて怖い顔をしてまで、自分は正しい!
    と主張するそんな生き方が、嫌で、滑稽だな…と感じました。
    ついついいつも、「自分は正しい!」とばかり思ってしまう時は、
    この記事に書いてある事を思い出したり、読み直したりして、
    自分を改めていきます。