病気の痛みも、怒りも、悩みも、その正体とは?それは「助けを求めている心の声!」なのです。

病気の痛みも、怒りも、悩みも、その正体とは?それは「助けを求めている心の声!」なのです。

病気になる事で生じる痛み・・・これ程辛い事はありません。

入院、手術、治療・・・どれを取っても嫌なものです。

痛いし、お金もかかるし、踏んだり蹴ったりです。

でもここで立ち止まって考えてみましょう。

そもそも「なぜ病気になるのでしょうか?」

その原因を医学的に探るのではなく、心の奥底に探る時、現代医療で言う原因とは全く違うものが見えて来るのです。

病気の痛みとは実は「心の叫び」なのです。

「心の叫び」を聴いて欲しくて、病気という形を取り痛みが生じているのです。

誰に聴いて欲しいのでしょうか?

それは、あなたに聴いて欲しいのです。

薬を飲むために病気になったのではありません。

手術をする為に病気になったのではありません。

生活習慣を変えるために病気になったのではないのです。

一番大切なもの!をいつも忘れてしまうのです。

痛みだけに集中してしまい、客観的に観る事を直ぐに忘れてしまうのです。

一番大切なものを忘れてはいけないのです。

あなたが「あなた自身の心の声」に耳を傾けて欲しくて、病気になっているのです。

自覚はなくとも、病気になるにはちゃんとした理由があるのです。

つまり・・・聴いて欲しいのです・・・心の声はこう言っています。

「ここから抜け出たい!」と・・・。

「ここから抜け出たいのではなかったのかい!?」と・・・。

つまり「今いる場所、エゴからの脱却を計りなさい!」という事だったのです。

怒りも同じなのです。

怒りは一瞬スッキリしたりもしますが、必ずその後で心に傷を残します。

相手にも、自分自身にも・・・心に傷を残すのです。

攻撃とは傷つけ合うことですから。

誰でもきっと「許せないこと」がある筈なのです。

その「許せないこと、許せない人」に対しての「心の叫び」、それが怒りの後に生じる心の痛みなのです。

言い過ぎたなぁ・・・怒りに任せてしまったなぁ・・・その後悔が「心の叫び」でもあるのです。

その心の叫びとは、あなたが許せない事を、赦したいというベクトルに変える事なのです。

人間は文句を言い合っていては、傷つけ合う事にキリがありません!

そんな人生で良いのですか!?

自分自身に問いかける事です。

自分としっかりと会話をしていますか?

ダンテの描く地獄インフェルノInfernoの全体構造の様になってしまいますよ。

ですから、病気も、怒りも、悩みも・・・実は「素晴らしい事!」だったのです。

形や見た目や、表面上の出来事に囚われてはいけません。

その奥底にある、根本原因に心を配らなければならないのです。

心が幼いままではいけません。

もっと自分を客観視出来るように、自分を鍛えなければならないのです。

もっと「愛に生きなければならない」のです。

病気の痛みも、怒りも、悩みも、その正体とは?それは「助けを求めている心の声!」だったのです。

あなたは、今まで、その声を無視して来ました・・・。

少し聴こえた時もあったかもしれません・・・。

しかし直ぐに耳を塞いでしまいましたよね・・・。

あなたに聴いて欲しいのです。

人生、上手く行かない時ほどチャンスなのです。

あなたに聴いて欲しいのです。

そう、あなたに・・・・です。

ヴィジョン / Vision
▼記事更新の応援クリックをお願いします▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。