幼い社会と、成熟した社会の違いとは?

幼い社会と、成熟した社会の違いとは、一体なんだと思いますか?資本主義も、社会主義、共産主義も人類に幸せを運んではくれないようです。では、ここで一つづつ観て行きましょう。

ではまず「幼い社会」とはどういう社会の事を言うのでしょうか?子供が集まった様な社会と言っても良いと思います。幼稚園児や小学校低学年を思い描いてみて下さい。すると分かり易いと思います。つまり子供の集まりなので、いろんな事をやらかします(笑)よって「ルールが増えて行きます」これをしたらダメ!あれもしたらダメ!等と・・・。

でも実際の社会は子供ではなく、大人が形成していますので「自由が良い!」と言うのです。でもそういう大人が、実は精神的には未だ未熟なので自由をはき違えてしまい「自分勝手に」してしまうのです。だから社会のルールでがんじがらめになっていくという、自分で自分の首を絞めるかのような事態になっているのです。

子供は大人の監視が必要なのです。つまり、現代社会は幼い社会だという事になります。それと正反対なのが「成熟した社会」であり、自分で自分を監視しますので、他人の監視は不要になります。そして、当然ルールが減って行きます。なぜならば、ルールを減らしてもそれを破る人が少ないからなのです。

つまり『自分を律すること』が出来る真の大人が集まれば、成熟した社会に向かえるという訳なのです。あなたは、どちらの世界がお好きですか?そして、どちらの社会を目指したいでしょうか?まずは、そこをハッキリさせない限り社会は何も変わらないのです。まずは、自分自身です。自分がどう生きたいのか?自分は、どうしたいのか?口だけでなく行動が伴った時に、そこが全ての出発点となるのです。

ヴィジョン

※応援クリックをよろしくお願いします。
 ▼ ▼ ▼
人気ブログランキングへ
 & & &
にほんブログ村 人生・成功哲学

関連記事

コメント

    • すみれ
    • 2018年 6月 30日

    ヴィジョンさんへ

    ヴィジョンさん、こんばんは。
    今日もとても興味深いお話をありがとうございます。
    本当にそうだと思って、政治の事もよく分からないのに思わずコメントを書いてしまいました。

    ◯◯主義とか◯◯党とか◯◯派とか、どれが優れているかのずーっと議論がされていますが
    自分の記憶の中で、日本に住んでいて「これが理想的な社会」と思えた事は一度も無いし
    これからも無いだろうと漠然と感じている人が多いのではないかと思います。

    なぜ社会が良くならないのか
    その理由を、ヴィジョンさんがとても明快に描き出して下さった気がします。

    私達一人一人が自分中心ではなくなり人の身になって考えられるようにならなくては
    どの主義が良いとか、ルールを増やしたりしても何も変わらないですね。

    やっぱり、私達一人一人が変わる事が
    気が遠くなりそうですが一番の近道なのかもしれないと思いました。

    すみれ

    • すみれさん、コメントありがとうございます^^。

      >やっぱり、私達一人一人が変わる事が
      >気が遠くなりそうですが一番の近道なのかもしれないと思いました。

      そうなのですよ。
      一人一人が変わらない限り、どんどんとルールが増えて行き
      益々生きづらい世の中になるだけなのです。

      自分を律する事が出来る大人が増えれば増える程、
      ルールを増やす必要はなくなります。

      一人一人が変わらないで、社会を変えようとするから
      「口だけ」になって、行動が伴わない気持ちの悪い社会になるのです。
      つまり、表面だけを変える上辺だけの世界に成り下がるのです。

      ヴィジョン

        • すみれ
        • 2018年 7月 04日

        ヴィジョンさんへ

        ヴィジョンさん、お返事をありがとうございました。

        私達大人は、自分が変わろうとしないで社会を変えようとし続けてきてしまったのですね。

        誰かの作ったルールに文句を言いながら従うのではなく、
        自分で自分に「それでいいの?」とか「ダメでしょ」とか
        言わないといけないですね^ ^

        すみれ

    • カルテット
    • 2018年 7月 01日

    こんにちは。
    ブログを楽しみに拝見しています^^。

    現代社会は幼い社会だという事を、
    子供を例にして書いて下さって、
    本当にその通りだな…とイメージできました。

    例外なく、その「幼い社会」の中で私も過ごしているのですが、
    正反対の「成熟した社会」と、どちらの世界が好きか?
    どちらの社会を目指したいか?と考えたら、
    絶対「成熟した社会」で生きていきたいと思いました。

    実際の小さな子供のように大人の監視がなくても、
    自分を律する事が出来る真の大人に私もなりたいです。
    自分を律すると口でいうのは簡単ですが、
    実際には怠けたい自分や、弱い自分や、
    ずるい自分などがいつも顔を出してしまいます(>_<)
    そんな自分を律して、自分で自分を監視しながらも、
    楽しく行動しているような大人を目指します。

    • カルテットさん、コメントありがとうございます^^。

      >自分を律すると口でいうのは簡単ですが、
      >実際には怠けたい自分や、弱い自分や、
      >ずるい自分などがいつも顔を出してしまいます(>_< ) そうなのですよね(^_^;)
      みんな、口では良い事を言うのです。
      分かってると・・・。

      でも、その口で言った事を行いに移さない限り
      今のまま、もしくはもっと今よりも悪くなるだけの事です。
      ただそれだけの事・・・。

      つまり、自分を律する事が出来ない大人が闊歩しているから
      子供は未来に夢を描けなくなるのですし、
      口だけの大人たちに嫌気が差すのも無理もありませんよね(^^ゞ

      ヴィジョン

        • カルテット
        • 2018年 7月 03日

        ヴィジョンさん、こんにちは。
        お返事頂きありがとうございます♪

        今の子供たちが未来に夢を描けなくなっているのも、
        自分たちが夢をもって生きていないような、私たち大人の責任ですね(>_<)
        口だけ偉そうに言うのではなくて、行動で示す事ができるような、
        そんなカッコイイ人が、本当の大人だと思いました。
        自分を監視して自分を律しながら、本当の大人を目指します。

    • トシ
    • 2018年 7月 01日

    ヴィジョンさん、おはようございます。

    何時もブログ記事を読ませて頂いてありがとうございます。

    今回の記事を読ませて頂いて『○○主義』○○の中身が変わっても、
    私達ひとりひとりが変わらなくては社会は変わらないと言うことが凄く理解できました。

    自由を履き違えて自分勝手にして社会のルールに縛られて、がんじがらめ!

    とても耳の痛いお話なのですが、本当にそうだと思いました。

    私も、そうですが自由を履き違えて自分勝手なことばかり遣って来ました。

    私の様な幼い大人が今の生き辛い監視社会を創りあげるお手伝いをして来たんだと思いました。

    自分の身勝手さにも気付けなかった状況で、自分を監視できる様になるには、
    時間が掛かるかも知れませんが、私も成熟した社会を目指します。

    • トシさん、コメントありがとうございます^^。

      >私の様な幼い大人が今の生き辛い監視社会を創りあげるお手伝いをして来たんだと思いました。

      そうなのです・・・。
      実は、自分が一番嫌いなものに手を貸していたのです。
      目からウロコの真実がここにあります。

      監視社会が嫌だと言っている人こそ、
      自分で自分を監視できなかったりするのです・・・。
      もはやブラックジョークです(T_T)

      ですから、この日本に大人はとっても少ないのです。
      気が付いた人から「大人」になるべきなのです。
      年だけ取った子供では死んでも死に切れないですよね(笑)

      ヴィジョン

        • トシ
        • 2018年 7月 03日

        ヴィジョンさん、こんばんは、
        お返事きまして、ありがとうございます。

        正しく私は、自分で自分のことを監視できない、
        年を取った子どもでした。

        監視社会が嫌で自由に成りたいのなら!

        自分を監視できる大人に成るしかないですね?

        頑張ります。

        ありがとうございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。