あなたは「自分の仕事」を楽しんでいますか?

.
11月22日、アメリカメジャーリーグ・エンゼルスの大谷翔平選手が帰国会見を行いました。200人超の記者が駆けつけた会見で、大谷選手は素晴らしい対応を見せました。

中でも「仕事」に対する心構えについて述べたシーンは最高の一言でしたので、紹介させていただきます。そこには「好きな事をやらせて頂いている感謝」がにじみ出ていまいした。

大谷選手はこの日、「はじめたばかりのころから野球が好きでしたし、あまり変わることなく来ています。小さいころは週2回でしたが、『次の週末になるのが楽しみで仕方なかった』というのが続いていると思いますし、今年もグラウンドに行くのが楽しみで仕方ありませんでした」と語っていました。

.

ここでも大谷選手に、「あなたは自分の仕事を楽しんでいますか?」「毎日、職場に行くのが楽しみですか?」と問いかけられているように感じてしまいます。まるで、「そうでなければ業界のトップにはなれない」「スキルの高さより、仕事を楽しめるほうが天才」とでも言うように……。

© 東洋経済オンライン どんな質問にも的確に受け答えできる24歳の若者の人間力を解析します(写真:ロイター/アフロ)より。

畏れ多くも、一般社団法人 NEW VISION 主催のNEW VISION アカデミーでも同じことをお伝えさせて頂いておりました。「好きな事を思いっきりやろう」「好きな事だから頑張れるから」「好きな事を感謝してやろう」つまり、好きな事だから頑張れるのです。好きじゃない事をやる事ほど、辛く苦しいことはありません。

もし、あなたが好きな事が出来るチャンスがあるならば、それを躊躇する理由はないと思うのです。それもこれも、あなたの選択になります。あなたにはそれをやるか?やらないか?という選択の自由があるのです。誰のせいでもありません。それを決めるのも、あなたなのです。

あなたが、最もあなたらしく在れる時、それは「あなたが大好きな事をしている時」だからです。

人生とは、実はとってもシンプルなのだと思うのです。※ここで言う仕事とは、何も会社勤めだけの事を言っているのではありません。お母さんも立派なお仕事ですし、専業主婦であっても同じことです。最後にもう一度あなたに問います。「あなたは自分の仕事を楽しんでいますか?」^^。

ヴィジョン / Vision
▼記事更新の応援クリックをお願いします▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

関連記事

  1. バジル

    ヴィジョンさん、こんばんは。
    大谷選手、野球をするのが楽しい、というとてもシンプルな感覚を小さい頃から変わらず持ち続けながら努力を続けて
    その積み重ねで今のご活躍があるなんて素晴らしいですね。

    実は、小学二年生の長男が友達に誘ってもらって少年野球に入らせてもらう事になり
    これから土日祝日は母親も野球に付いて行って子ども達のお世話をする事になりそうで
    野球が無くても毎日忙しくて余裕など無いのに、これからやって行けるのだろうかと
    とっても憂鬱になっていたところでした。

    でも、ヴィジョンさんの書いて下さった今日の記事を読ませてもらって
    憂鬱になってばかりいないで、子供が頑張っているのを応援するのを楽しもう、という気持ちになれました。
    ヴィジョンさんのおかげで、スッキリした気持ちになることができました。
    ありがとうございます。

  2. ノリスケ

    私は仕事と言うと、辛い事とか、大変な事
    嫌な事を我慢する対価に、お金にありつける
    そんな暗いイメージで捉えておりました。

    大谷選手の帰国会見のなかで「今年もグラウンドに
    行くのが楽しみで仕方ありませんでした」
    というところに、とても驚きました。
    とてつもないプレッシャーを受け、大舞台
    に立って、戦っていると思うのですが、それも
    好きな事だから、頑張れるのでしょうね。
    逆にそう言った緊張感をも、楽しんでいる様に
    思えました。
    こども達に勇気を与え、希望を持たせて頂ける
    とても素敵な、帰国会見だと思いました。

    あなたが、最もあなたらしく在れる時、それは
    「あなたが大好きな事をしている時」なのですね
    とてもシンプルですが、とても奥の深いお言葉
    だと感じました。
    自分の好きな事を素直に認めて、湧き上がる情熱
    に蓋をせず生きる、そんな人生を送りたいなと
    思いました。

    いつもシンプルでわかりやすく、それでいて奥の
    深い記事を書いて頂き、ありがとうございます。

  3. カルテット

    大谷選手の言葉から、野球が好きで好きでしかたない!という思いが、
    とても伝わってきました。
    ご活躍の裏には、野球をやらせて頂いている事への感謝を持ち続けている事、
    そして「楽しく」努力されている姿があるのだろうと思います。

    私が私らしくあれる時は、大好きな事をしている時、
    なるほどその通りだ、と思いました。

    私もお母さんですが、
    正直言うと、炊事や洗濯などの家事も、毎日毎日同じ事の繰り返しで、
    面倒くさいなぁ…、大変だなぁ…、と思ってしまう事がよくあります(^^;)
    お仕事も、楽しんでやっているか?と振り返ると、
    そうとは言えないです。

    家事も仕事も、やらせて頂いている事に感謝を持てば、
    楽しくできそうだと思いました。
    早速、意識をかえてみます♪なんだか楽しみです。
    ありがとうございました。

  4. トキア

    大好きな野球が出来る幸せ!大谷選手の笑顔が全てを物語っている様な!
    写真を観ていると何かこちらまで凄く嬉しくなってしまいます。

    好きなことをとことんやって来た人の笑顔って凄くパワーがあるんだなと思いました。

    しかし野球は好きでも実力をアップさせる為のトレーニングなど、
    楽しいことばかりではなかったのではなかと考えてしまいます。

    ですが大谷選手からは辛いトレーニングも、理想の自分に近づく為だと、
    辛いとは思わず楽しんでやって来られた様なそんな強さも凄く感じてしまいます。

    子どものころから好きな野球をやり続けてプロになった今でも好きな野球に対する
    変わらない情熱を持ち続け、楽しむには半端じゃない相当な努力もいると思います。

    私は自分の仕事を楽しんでいますか?と問われれば楽しんではいないかな?と思いました。

    それでも嫌いな仕事ではなく好きな仕事ですので、もっと前向きに努力をして楽しもうと思います。

    好きな仕事なのに楽しまないのは勿体ないですね!ありがとうございました。

  5. シナモン

    こんにちは。

    記事と一緒に、大谷選手のインタビューを拝見し、楽しませていただきました。

    大谷選手がメジャーリーグでも大活躍して、いつもイキイキ輝いているのはどうしてなのか、その理由がちょっとだけ分かった気がします。

    自分の仕事を振り返ると、ついつい大変なことを思い出してしまうのですが、それ以上に好きなところがたくさんあるなぁと思い返して、そう考えているうちに、不思議と感謝とやる気が湧いてきます。

    「好きな事を感謝してやろう」
    とても素敵な言葉ですね。

    最近、仕事のことでずっと悩んでいたのですが、記事のお蔭で気持ちが楽になって、忘れていた大切なことを思い出すことができました。

    いつもためになる記事をありがとうございます。