心が波立つ時には・・・。

誰でも心が波立つ時やざわめく時、そして怒りで高波の時があったり、もしくは静かな波紋が広がる様な静穏な時もあると思います。あなたは「心に荒波が押し寄せた時」に、どうしているでしょうか?荒波が静まるまで待つのでしょうか?それとも、もっと大きな荒波を立てようとするのでしょうか?さて、あなたはどうですか?

では、ここである一つのサンプルを出して考えてみたいと思います。
※例えば、
Aさんという人が居て「BさんとCさんの悪口を言っている!」としましょう。
あなたが、BさんやCさんの立場だったらどうするでしょうか?

ではここで、まずはBさんの心の中を覗いてみる事にしましょう。
Bさんの心の状態は「怒りで顔を真っ赤にしています。心は台風が来ているかの様な荒波状態です!」

では、一方Cさんはどうでしょうか?
Cさんの心の状態は「Aさんが悪口を言うのは、Aさん・・・しょうがないなぁ・・・って感じです。でもAさんがその悪口を言っていると聞いて、私が怒るか?怒らないか?もしくは笑っているか?は、私の判断で決めることなのですから、私はしょうがないなぁって思い笑っていようと思います(笑)」

さて、みなさん・・・このCさんの言わんとする事がお分かりでしょうか?何もAさんが悪口を言うのを肯定している訳ではありませんよ。しかし、その悪口を聴いてからの【担当は自分自身】に移ったのです。ご理解いただいているでしょうか?物事を善悪に囚われて判断していては、真実からどんどん離れて行ってしまいます。

つまり、周りがどうであれ、世の中がどうであれ、あなたがどう生きるか?を決めるのは「あなただけ」なのです。裏を返せば、周りのせいにしていては心に静穏は訪れないという事にもなるのです。

あなたの人生です。誰もあなたの人生を生きることは出来ないのです。『自分次第の法則』とでも言えば良いのでしょうか♪ あなたがどう反応するのか?どう生きるのか?その全てを『あなたが決めて良い!』のです。あなたは、本当に自由な存在なのですよ♪

ヴィジョン

※応援クリックをよろしくお願いします。
 ▼ ▼ ▼
人気ブログランキングへ
 & & &
にほんブログ村 人生・成功哲学

関連記事

コメント

    • トキア
    • 2018年 11月 15日

    私は心が波立った時には、
    何時も感情に振り回されて最初の波よりも、
    もっと大きな波を立てる様なことばかりやっていると思います。

    お書き頂いたサンプルに自分を照らし合わせてみると、
    悪口を言った相手(Aさん)がもし職場の後輩だったりしたら、
    やはり(B)さんの様に「アイツ何言ってんだ!」とムカッとして、
    心の中で喧嘩が始り荒波を立ててしまいます。

    もし相手が先輩だったら「怒らせてしまったかな?」と、
    ビビッてしまって心が沈んでしまい!
    勝手にビビって沈んだ後は開き直って虚勢を張って、
    また荒波を立てているんじゃないかと思います。

    相手がどう思っているか?相手の事ばかり気になって!
    何時も自分はどうあるのか?どう生きるのか?悪口を言った相手に対して、
    「笑っていよう」などと言う選択をしたことはありませんでした。

    怒るのも、ビビるのも、笑うのも、自分次第の法則!
    どんな状況の中でも自分で決めれるんですね!

    今、心に引っ掛かっていたものが外れた感じで何かスッキリしました。

    私も「Cさん」の様に心に荒波が押し寄せる時に、
    「笑う」と言う選択をやって行こうと思います。

    何時も大切なことを教えて頂いてありがとうございます。

    • ノリスケ
    • 2018年 11月 16日

    いつも色んな事を学ばせていただき、ありがとうございます。

    私は「心に荒波が押し寄せた時は」間違いなく、さらに
    荒い波を起こしていました。
    しばらくして、少し静まってきても、また思い出した
    様に波を起こしたりします。
    もしかしたら、わざとイライラしているのかなと思う
    事さえあります。
    わたしって変ですよね。

    提示いただいた、サンプルから言えば
    間違いなくBさんと同じ思考を行います。
    文句を言われれば、「あなたに私の何がわかるの?」
    と反発して、ひとりイライラしている事が多いですね。
    でも、よく考えてみますと、相手から言葉をいただいた
    後は、自分の順番ですから、そこからどう判断するかは
    自分次第ですよね。
    ここを好きに判断して良いと思う事は、一度もありません
    でした。
    どうしてCさんの様な判断が出来なかったのか?
    と言うより、そこはすっぽり抜けていた様な気がしました。
    何か勿体ない生き方をしてきたような感じがいたしました。

    そうやって人の目を気にして、本来自由なはずの自分から
    自由を奪っていたのは、私自身だったのですね。
    「周りのせいにしていたら心に静穏は訪れない」という
    ところが、特に心に響きました。

    今回も多くの方に読んでいただきたいと思う素敵な記事でした。
    いつもありがとうございます。

    • 笑夢
    • 2018年 11月 16日

    Cさんの例で、自分の悪口を聴いてから、
    【担当が自分自身】に移ったという事、とてもビックリしました!
    私だったら、悪口を言うなんて!と、
    相手や、周りのせいにばかりしそうです…。

    何があっても自分の人生は、自分次第であるのなら、
    怒っているよりも、笑っているほうが絶対良いです。
    「自分次第の法則」、そして「私たちは、自由な存在」という意味が、
    少し分かったような気がします。

    Cさんは、きっと本当の意味で強い人なのだろうと思いました。
    私も、Cさんのように何があっても笑っていられるような、
    そんな生き方を目指したいと思います。

    サンプルで例えて下さって、とても分かり易かったです。
    ありがとうございました。

    • ナオト
    • 2018年 11月 16日

    最近、心が落ち着かないことが多かったので、とても勉強になりました。職場でも仕事で急な依頼があるとすぐにイライラしたり(–;) 

    サンプルに登場したBさん、他人事とはとても思えず、自分も同じだなぁと実感中です。また、今までは物事にどう反応するかを自分で決めているということを意識できていなかったのですが、Cさんの心の解説のお蔭で、その大切さに気が付くことができました。ありがとうございます。

    これからは、周りのせいにしないということと『自分次第の法則』を思い出し、Cさんのように穏やかさと笑顔がセットになった生き方に近づけるように、今までの自分のクセを律する努力をしていこうと思います。

  1. ヴィジョンさん。いつも記事の更新ありがとうございます。そして人生・成功哲学人気ブログ1位おめでとうございます。
    とても分かりやすく例えて頂きいかに自分が人を中心に人生を生きてきたのか気付きました。いつも荒波の中におりました。
    他人を中心とした生き方や何でも人のせいにした人生に魅力など有りませんよね♪
    【自分次第の法則】をお教え頂き全てを自分で決める人生にして行こうと思います。
    当たり前と思う中に自分という姿をしっかりと見て笑いながら生きて行きます。
    いつも大切なことを有難うございます。
    とくま

    • とくまさん、コメントありがとうございます^^。

      >とても分かりやすく例えて頂きいかに自分が人を中心に人生を生きてきたのか気付きました。
      >いつも荒波の中におりました。

      それは良かったです。お力になれているのであれば、とっても嬉しいです。
      人間は、皆自分を中心に考えます。
      Aさんも自己中。
      Bさんも自己中。
      さて、AさんとBさんが出会ったらどうなるでしょうか?
      もう、笑うしかありませんね。
      殆ど幼稚園児同士の出会いの様になります(^_^;)
      ただただ、我がままにぶつかり合うだけです。


      >【自分次第の法則】をお教え頂き全てを自分で決める人生にして行こうと思います。
      >当たり前と思う中に自分という姿をしっかりと見て笑いながら生きて行きます。

      そうですよ♪
      とくまさんの人生は、とくまさんしか生きることが出来ないのです。
      この事を、真剣に考えてみて欲しいのです。
      地に足を付けて生きたいですよね(^_-)-☆
      そして『笑い』と共に在りましょう♪
      心からの、腹からの笑いで♪

      ヴィジョン

  1. この記事へのトラックバックはありません。