あなたの「人生のテーマ」は何ですか?

人生 テーマ

☆ ☆ ☆

あなたの「人生のテーマ」は何ですか?

いきなりの質問に戸惑う方が多いのではないでしょうか?

でも、ここで冷静に少しだけ考えてみて下さい。

あなたの人生です。

人生とは切り開いて行くものです。

つまり受け身でいて、そして天から降って来るものではないのです。

あなたの人生ですから、あなたに聞いて良いですよね?(笑)

だってあなたの人生ですから、「あなた以外に答えられる人はいない」でしょ!?

では改めてお伺いいたします。

あなたは「人生のテーマ」を持っていますか?

この答えは、漠然とでは意味がありません。

だいたいでも、あまり意味がありません。

もしあなたに「人生のテーマ」が無いとしたらどうだろうか?

人生のテーマと言うと、大げさに聞こえるかもしれませんね。

では、スポーツやお習いごと等に当て嵌めて考えてみる事としましょう。

野球やサッカーやテニスで「テーマを決めて練習している人」と「テーマを決めずに練習している人」がいたとします。

どちらの人が上手になるでしょうか?

他のお習いごとでも「ただ先生に言われた事だけをしている人」と「プラス、自分でもテーマを決めて家でも自主的に練習を毎日している人」がいました。

さて半年後一年後、この二人にどの位の差が出ていると思いますか?

きっと同じスタートを切った生徒さんとも思えない程に、大きな差が生まれていると思います。

人生も、実はこの事と全く同じなのです。

「人生のテーマ」を決めている人と、決めていない人の差はどうでしょう?

その差は歴然なのです。

つまりそれは「自発的な人生なのか?」それとも「受け身の人生なのか?」とも言い換える事ができるのです。

「人生のテーマ」が無ければ、ただ生きているということになってしまうのです。

生活の為だけに働き、毎日ため息をつく生活だとしたら、これ以上の悲劇はありません。

「テーマも持つことの幸せ」というものを忘れてはいけません。

そして、そのテーマを持続させる為の「意欲」も必要ですよね。

もしあなたが親という立場、上司という立場、下の者がいるような立場の人ならもっと分かる筈です。

「ちゃんと目標を持ちなさい」「目的を持って集中しなさい」とか言っていませんか?

もしくは「やらされてやっていたら、意味がないよ!」とか、「やる気を出してやりなさいよ!」とも言ってはいませんか?

「自分で決めた事だったら、石にかじりついてもやり通しなさい」とまで言ったことはありませんか?(笑)

これらの言葉こそ、実は『自分自身に言うべきもの』だったのです。

イライラしたり、腹が立ったりする時こそ、相手ではなく自分を省みるチャンスなのですから。

実は『相手は自分の鏡』だからです。

つまり、相手が自分を成長させてくれるのです。

だから、相手に感謝しかないのです。

それもこれも「人生のテーマ」を持って生きていれば、人生が豊かになるのです。

流されて生きる事は絶対にしないからです。

つまり「人生のテーマ」を持って生きている人は、人生が充実しているのです。

さぁ、最後にもう一度あなたにお聞きします。

あなたは「人生のテーマ」を持っていますか?

ヴィジョン / Vision
▼記事更新の応援クリックをお願いします▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

☆ ☆ ☆

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。