私達は肉体ではない

☆ ☆ ☆

私達は肉体ではない。

実は私たちは肉体ではないのです!

何を言い出すんだ!という人もいると思いますがしばしお付き合い下さい。

私は子供の頃から思ってきたことがありました。

体がもしどうなったとしても、それは私の本質とは一切関係ない!という感覚でした。

例えば目の前の大きな男が手を出して来たとしても、本当の私には関係ない!という感覚です。

もし自分の肉体が壊れたとしても、私の本質には無関係なんじゃないか?という思いです。

伝わっているか少し心配ですが、この感覚は正しかった!

私たちは「肉体ではない」からです。

肉体ではないのならば、一体なんなのでしょうか?

私たちの正体…それは「心」なのです。

肉体は必ず最後は滅びます。

どんなに偉い人も大金持ちも肉体は滅ぶのです。

でも私たちは肉体の死を迎えたとしても滅びる事はありません。

もし私たちが肉体であるならば、死と共に私たちも無くなってしまう事になります。

しかし本当の私たちはそんな「弱い存在ではない」のです。

本当はとてもとても「強い存在」なのです。

私たちは「心」という傷つかない強い存在であるからです。

心を殴る事はできません。

心を拳銃で撃ってもナイフで刺しても全く意味がありません。

心は本当は一切傷つく事はないのです。

悪口を言われたら傷つく?それは次元の違う話です。

エゴで生きている次元では傷つき傷付け合って生きています。

エゴの次元では、確かに心はもろく傷つきやすいとも言えます。

しかし私たちの本質である正しい心は無敵の存在なのです。

私たちの本質は愛そのものの優しく強く揺るぎない存在なのです。

ではなぜ私たちは肉体に入っている様に見えるのか?

それは私たちは肉体であることから学ぶことがあるからです。

私たちは今、肉体を通した授業を受けているのです。

全人類地球という学びをするための教室にいるのです。

地球が教室!それがこの人生の目的なのです。

でもその授業をボイコットする事も出来ます。

しかしいつまでもボイコットする事はできません。

今の人生が無理であれば、次の人生で学ばなけばなりません。

いずれ必ず学ぶべき必修科目!だからです。

私たちは肉体ではないのです。

肉体であるかの様な錯覚をしているのです。

個別に分かれた存在に見えることから卒業をする授業中なのです。

本当は個別なのではないからです。

一つなのですから。

だから赦すことが鍵となるのです。

ヴィジョン / Vision
▼記事更新の応援クリックをお願いします▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
☆ ☆ ☆

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。